Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フィリピンと日本はオープンなRANベースの5Gネットワ​​ークの構築を目指す

フィリピンと日本はオープンなRANベースの5Gネットワ​​ークの構築を目指す

日経新聞によると、日本はフィリピンの5Gネットワ​​ーク構築を支援することで、インド太平洋地域で中国技術に代わる技術を提供する取り組みを強化している。

日本経済新聞は、日本の上川陽子外務大臣が来月フィリピンを訪問し、援助計画について話し合う予定であると報じた。

基地局の建設は今夏に開始される予定で、数年以内に機能する5Gネットワ​​ークを確立することを目指している。

米国もこのプロジェクトに資金援助を提供することが期待されている。

この取り組みは、合計約40%の世界市場シェアを持つファーウェイやZTEなどの中国通信機器企業の支配力に対する懸念の中で行われた。

米国は国家安全保障上のリスクを理由に、そのような機器をネットワークからすでに禁止しており、日本のオープン RAN (無線アクセス ネットワーク) テクノロジーは、より安全なマルチベンダー アプローチを提供します。

パイロット基地局はフィリピンの都市に配備され、ネットワークのカバー範囲をテ​​ストします。

このプロジェクトは、NTTドコモとNECの合弁事業であるOrex SAIなどの日本企業にとって、現地パートナーシップを通じてフィリピンでの事業を拡大する機会となる。

フィリピンはインド太平洋地域における戦略的な位置にあり、特に南シナ海の緊張の高まりを考慮すると、日本にとって重要なパートナーとなっている。

READ  次世代太陽電池:日本の技術で脱炭素化の取り組みを加速