Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フィリピンは、サイバースペースとデジタル技術に関する米国との自由貿易協定の締結を目指している。 日本との貿易協定ルース・アビー・ゲタ・カルロス

フィリピンは、サイバースペースとデジタル技術に関する米国との自由貿易協定の締結を目指している。 日本との貿易協定ルース・アビー・ゲタ・カルロス

フィリピンはサイバースペースとデジタル技術に関する米国との二国間自由貿易協定の締結を検討している。

ホセ・マヌエル・ロムアルデス駐米フィリピン大使はワシントンD.C.でメディアに対し、この2地域をめぐって米国と自由貿易協定を締結するというフィリピンの計画は、貿易のさらなる強化に対する両国の新たな関心の一環であると述べた。そして経済協力。

「特定の地域では… [for instance, in cyberspace or in digital technology]; 「もちろん、米国と協力できる分野は他にもたくさんある」とロムアルデス氏は語った。 「米国は支援に真に取り組んでいる」 [and] フィリピンを多くのアメリカ企業にとって主要な投資拠点とみなしている。

大使は、米国は潜在的な協定の特定分野に参入する傾向が強いとの考えを表明した。

同氏によると、来月マニラで開催予定のインド太平洋繁栄経済枠組み(IPEF)会議では、両国の経済状況の傾向が「より明確」になるだろうという。

「しかし、米国によって設立された国際環境・エネルギーフォーラムと、この経済枠組みの創設メンバーの一つであるフィリピンは、ASEAN全体を含めることを検討している」と同氏は付け加えた。

同氏はメディア関係者に対し、フィリピン政府はジーナ・ライモンド米商務長官との前回の会談を、特にフィリピンに来る潜在的な投資家に関してフォローアップすると述べた。

フィリピンも日本と同様の貿易関係を確立することを楽しみにしている、とフィリピン外交官は付け加えた。

画像クレジット: ジョイス・アン・ロカモラ/PNA

READ  Final FantasyOriginsデモ•Eurogamer.netが壊れています