Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フィリペ・コウチーニョとルイス・スアレスがリバプールの移籍リストに予想外の名前入り

特定のグループのリバプール ファンを移籍市場以上に動かすものはありません。

実際、ユルゲン・クロップのチームがタイトルを獲得したときと同じように、彼らが最上位の契約と見なすものはしばしば祝われます。

しかし、市場は2つの方向に進みます。 そして、ファイルがある間 この夏、より多くの増援があり、アンフィールドでの時間が自然な結論に達した後、持ち越された人々がいるだろう.

選手をできるだけ高額で移籍することは、フェンウェイ・スポーツ・グループの定番となっている.

そしてここでは、4-3-3 の方法を使用して、チームはリバプールのこれまでで最も高額な売上で構成されています。

最新のリバプールのニュース速報、チーム ニュース、移籍の噂、怪我の最新情報に加えて、レッズの次の分析を入手してください。

また、無料のメール ニュースレターで、最新の移籍情報と分析情報を毎日あなたの受信トレイに直接送信します。

ここに登録してください – 数秒で完了します!

ゴールキーパー – ダニー・ウォード (レスター・シティに1250万ポンド、2018年7月)

スポーツ ディレクターのマイケル エドワーズのビジネスの中で、3 回しか出場していない選手がトップ 1 ドルを獲得するのはかなりの量です。 ウォードがレスターと一緒にプレーしたのは14回だけだということは特筆すべきことだ.

右サイドバック – キー・ジャナ・ホーファー (ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズに1350万ポンド、2020年9月)。

フーバーは 2018 年にアヤックスのユース チームから抜け出し、主要な才能と見なされました。しかし、右サイドバックの順位でニコ ウィリアムズに遅れをとった後、彼はモリヌーに向かいました。

センターバック – Mamadou Sakho (2017 年 8 月、Crystal Palace に £2600 万)。

ユルゲン・クロップは、セルハースト・パークへの彼の輸送に貢献した非常に面倒だった. パレスでの彼の期間は、最初のシーズン中のローンの後、怪我のために停滞し、彼はまもなくフリーエージェントになるだろう.

センターバック – Dejan Lovren (ゼニト・サンクトペテルブルクへの £10.9m、2020 年 7 月)。

アンフィールドでの 6 年間は、クロアチア人がイングランド プレミア リーグのチャンピオンになったことで終わりました。 それ以来、彼はロシア・スーパーカップとリーグのタイトルを獲得しており、来シーズンはチャンピオンズリーグに出場します。

左サイドバック – ブラッド・スミス (ボーンマスに 600 万ポンド、2016 年 7 月)。

ブレンダン・ロジャースの下で2013年にスタンフォード・ブリッジで19歳でデビューした後、彼はクロップのためにさらに10試合出場した後、去ることを許されました。 彼はボーンマスで 11 回しか外出していませんでしたが、現在は MLS のシアトル サウンダーズのレギュラーです。

ミッドフィールド – ハビエル・マスチェラーノ(2010年8月、バルセロナに1725万ポンド)。

ロイ・ホジソンの到着後、彼は少し雲の下で去ったが、カンプ・ノウで可能な限りの名誉を手に入れた後、中国で2年間過ごし、エストゥディアンテスでキャリアを終えた. 昨年11月に退職。

ミッドフィールド – シャビ・アロンソ(2009年8月、レアル・マドリーに3000万ポンド)。

彼はベルナベウでの 5 年間にチャンピオンズ リーグとラ リーガで優勝し、バイエルン ミュンヘンでブンデスリーガのタイトルを 3 回獲得しました。 彼はまた、ワールドカップで優勝し、リバプールの選手だったときに獲得した欧州選手権に追加する時間を見つけました。 現在、レアル・ソシエダB.

リバプールFCのニュースを読む必要があります

ミッドフィールド – フィリペ・コウチーニョ (バルセロナに1億4200万ポンド、2018年1月)

コウチーニョがリバプールを離れて以来、失敗したと考える人もいます。 しかし、彼はカンプ ノウで 2 つのラ リーガ タイトルと 1 つのキングス カップを獲得し、バイエルン ミュンヘンでのシーズン中のレンタルでリーグ、カップ、チャンピオンズ リーグのタイトルを獲得しました。 ただし、この送金手数料は非常に印象的です。

右ウインガー – ラヒーム・スターリング (マンチェスター・シティに4900万ポンド、2015年7月)。

3 つのリーグ タイトル、1 つの FA カップ、4 つのリーグ カップ、さらに PFA 年間最優秀若手選手賞と年間最優秀選手賞に選ばれたスターリングは、シティに移籍して自分自身を不人気にするという彼の決定を後悔しないことを示唆しています。 リバプールのファン。

MF – フェルナンド・トーレス (2011年1月、チェルシーへ5000万ポンド)

コウチーニョのように、彼はリバプールで最高のプレーをしたかもしれませんが、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、スタンフォードブリッジでのFAカップ、アトレティコマドリードに戻ったヨーロッパリーグなど、トロフィーはすべて別の場所で獲得しました。 2019年に日本でのキャリアを終えました。

左ウィンガー – ルイス・スアレス (バルセロナに6500万ポンド、2014年7月)。

4つのリーグタイトル、4つの国内カップ、チャンピオンズリーグ、バルセロナでのクラブワールドカップに続き、今年はアトレティコ・マドリードとのスペインリーグのタイトルが続き、スアレスが大会を決定づけるゴールを決めた。

代替案: Simon Mignolet (2019 年 8 月、Brugge に 820 万ポンド)、Martin Skrtel (Fenerbahce に 550 万ポンド、2016 年 7 月)、Dominique Mathieu (475 万ポンド、2000 年 8 月、Leeds United に) 2016年7月)、ラウル・メイレレス(1200万ポンド、2011年8月)、クリスチャン・ベンテケ(3200万ポンド、2016年8月)、ライアン・ブリュースター(2350万ポンド、シェフィールド・ユナイテッド、2020年10月)

READ  フラヤンは日本の伝説の青木の「ダブルタイム」を準備します