Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フェイスマスクを取り除く時が来ましたか? これは科学者や医師が言うことです

学者や政府の顧問は、時が来たことを大臣よりも確信が持てないようです。 コロナウイルスの制限が終わったら、マスクを捨ててください イギリスの。

閣僚は、7月19日、ほとんどの社会的状況でマスクを着用することは個人的な選択の問題になるだろうと示唆している。

ただし、科学および医学界のメンバーはより慎重であり、これは正しい動きです。

ワクチン接種と免疫化に関する合同政府委員会(JCVI)のアダム・フィン教授は、今後も着用すると述べた。 フェイスマスク 強制マスク着用を終了する計画にもかかわらず、「無期限に」。

トレバー・フィリップスは日曜日にスカイニュースに、「個人的なレベルでは、何か症状が出た場合や、他の多くの人と長期間屋内にいる場合は、間違いなくマスクを着用し続ける」と語った。 。


パンデミックの詳細については、最新のコロナウイルスポッドキャストを聞いてください。


フィン教授は、「私たちは小児科医として、このような対策を講じることで、冬に病気になる子供たちの大きな問題を回避できることを学んだと思います。

「去年の冬、私のキャリアを通して毎年見られた呼吸器ウイルスの流行はありませんでした。

「それで、パンデミック前の時代にチューブでアジアの人々がマスクを着用しているのを見たとき、私は以前に困惑していましたが、今は完全に理解しています。

「だから、マスクを着用することは明らかに私たちが学んだことだと思います。特定の状況下で行うことは非常に価値のあることです。それは私がいつもマスクを着用するという意味ではありませんが、それは私が着用することを意味します時々マスクします。」

ロバート・ジェンリック内閣大臣は、例えば、彼は 彼のマスクを片付けるのを楽しみにしています

19年7月19日以降、マスクの着用は個人的な選択になる可能性があります。 彼に起因する: パレスチナ自治政府

緊急事態科学諮問グループ(セージ)のモデル証拠を提供するモデリングパンデミックインフルエンザ科学グループのメンバーであるマイクティルデスリー博士は、7月19日はフェイスマスクの着用をやめることを検討するのに「良い時期かもしれない」と述べた。

彼はBBCブレックファーストに次のように語った。「それは非常に興味深い。私たちがそれをするつもりなら、それを見るのにおそらく良い時期だと思う。

「私たちがそれらを取り除くつもりなら、入院数と死亡数が非常に少ない7月19日に、それを見るのに良い時期かもしれないと思う」と彼は言った。



一方、GPによると、多くの人は、義務付けられなくなったとしても、フェイスマスクを着用し続ける可能性があります。

エリーキャノン博士はBBCブレックファストに次のように語っています。

「でも、特にフェイスマスクをつけるときは、病院に行って親戚を訪ねたり、かかりつけ医に来たり、バスに乗ったりする場合は、簡単に勝てると思います。

「そして、7月19日以降もマンデートが解除されれば、私も含めてフェイスマスクを着用し続ける人が増えると思います。

「特に冬にバスやロンドン地下鉄で旅行する人は、咳や風邪に慣れているので、特に冬には完全にフェイスマスクを着用するだろうと多くの人が私に言っているのを聞いたことがあります。インフルエンザとあなたが非常に簡単なことをすることができるならそれを防ぐために、なぜあなたはしませんか?」

英国医師会(BMA)は、人々の健康、NHS、経済、教育に「壊滅的な影響」を与える症例数の増加を食い止めるには、いくつかの予防措置を維持することが「重要」であると述べました。

NHSEnglandの全国医療ディレクターであるStephenBoyce教授は、人々は当然より慎重になり、選択したフェイスマスクを着用し続ける可能性があると信じていると述べた。

AndrewMarrはBBCOneに次のように語っています。「混雑した環境など、特定の状況ではフェイスマスクを着用する人もいますが、それは必ずしも悪いことではありません。感染を減らすためのこれらの習慣は、維持するのは良いことです。」


READ  日本の伝統的な筆作りを知り尽くした職人