Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フォランズビーの看板は退役軍人の奉仕を毎日思い出させるものです | ニュース、スポーツ、仕事

フォランズビーの看板は退役軍人の奉仕を毎日思い出させるものです | ニュース、スポーツ、仕事

愛するメンバーを讃える – マーク・ファルポと妹のマリアン・ギルハムは、第二次世界大戦中に陸軍に従軍した亡き父マイケル・ファルポを讃えるバナーをスキャンしました。 これは地元の退役軍人を称える26の横断幕のうちの1つで、木曜日にフォランズビー・コミュニティ・ハウスで彼らの家族が間近で見ることができるように贈呈された。 彼らはメインストリートの上で他の42の団体に加わることになる。 –ウォーレン・スコット

フォランスビー – 毎日メインストリートを利用する多くのドライバーや歩行者は、戦時中も平和時にも軍のさまざまな部門で勤務し、常に防衛の準備ができている多くの男女のほんの一部を思い出させて迎えられます。彼ら自身。 国家。

この追悼の意は、長年にわたってこの義務に尽力してきたフォランズビー住民の写真と名前を載せた68枚の横断幕が通りの上に掲げられる形で行われる。

2018 年以来、この横断幕は、彼らの記憶を保存し、彼らの奉仕に敬意を表したいと願う家族やその他の人々の後援により掲げられてきました。

木曜日には、フォランズビー・コミュニティ・ハウスに集まった数人の家族と、場合によっては退役軍人自身に旗が贈呈され、その後街頭に掲げられた。

デビッド・ビリゴル・ジュニア市長は、市職員の協力を得て、このイベントでは家族が希望すれば看板を間近に見て、一緒に写真を撮ることができると述べた。

多くの栄誉 — 木曜日、フォランズビー退役軍人の顔をあしらった合計 26 枚の横断幕が家族に贈呈され、メインストリートに掲げられる前に家族が間近で見て写真を撮ることができるようになりました。 2018年に発足し、退役軍人の家族などが後援し、合計68の標識が通り沿いに設置されている。 –ウォーレン・スコット

オハイオバレー退役軍人記念楽隊も待機し、戦死した軍人のためにタップを演奏するなど、退役軍人に敬礼を行った。

これは、同グループが地域の退役軍人のためのいくつかの葬儀で行ってきたジェスチャーである。

それがふさわしいのは、バンドのリーダーであるマイク・ハイフィールドがこう言ったからです。 「退役軍人は全員、生涯にわたり国に支払う白紙小切手に署名した。」

旗の需要が高く、メインストリート沿いのポールが限られているため、木曜日に提示された24の旗のうち11は以前に掲揚されていたが、他の旗の追加に対応するために無作為の選択により一時的に撤去されたとビリゴル氏は述べた。

残りの 13 個の標識は新たに追加されました。

多くの参加者の中には、102歳の陸軍退役軍人ジョン・パンザ氏もいた。彼は、開戦当初、アラスカ近郊のアメリカ領だったアリューシャン列島を日本軍の侵略者から守った数千人のアメリカ軍とカナダ軍人の一員だった。第二の世界。

同氏は以前のインタビューで、ジャングル戦に向けて訓練され装備も整えられた部隊が、この地域の寒冷な気候に直面する準備が十分ではなかったと指摘し、霧に満ちた森林を貫く敵の砲火から身を守るための樹木もなかったと付け加えた空気。

歴史家の報告によれば、この戦闘は連合軍に対する万歳攻撃と残忍な白兵戦で最高潮に達し、生き残った日本人はほとんどいなかったという。 しかし、連合軍兵士約550名も死亡した。

兆候についてどう感じたか尋ねられたとき、パンサ氏は次のように答えた。 「それは良い考えだと思う。退役軍人たちは何かをしたし、それを認めるのは良いことだ」

このイベントに参加した多くの家族の中には、第二次世界大戦の退役軍人である故マイケル・ファルボの子供たちも含まれていた。

娘のバーブ・マティロウさんは、父親は戦争についてほとんど話さなかったが、真珠湾にいたと言われたと語った。

マイケル・ファルポという兵士は、空軍の前身である陸軍航空隊の基地であるウィーラー・フィールドに駐屯していた可能性が高い。

ハワイのオアフ島近くに停泊していた数隻の海軍艦艇と同様に、この基地も日本軍の奇襲攻撃の標的となり、多くの航空機が破壊されたが、約12名のパイロットが空挺して基地に反撃することができた。 侵略者。

バーブ氏の妹であるマリアンヌ・ギルハム氏は、このプレゼンテーションについて次のように語った。 「素晴らしかったです。フォランズビーが退役軍人を称えてうれしいです。」

バーブさんはまた、ベトナム戦争中に陸軍に従軍した亡き義理の弟、ルイ・マッティーロ・ジュニアを讃える横断幕を見に来ていた。

彼女は、第二次世界大戦の捕虜でパープルハート受章者だった亡き義父、ルイ・マッティーロ・シニアを称える別の横断幕を指さした。

マッティロさんは、父親は兵役についてはあまり語らなかったが、祖国に対する父の愛は彼女や兄弟たちには明らかだったと語った。

彼女は彼や子供の頃に出会った他の退役軍人について次のように語った。 「彼らは軍務に就いたことを誇りに思い、国旗に敬礼することを誇りに思っていました。」

マテッロさんに、人々が横断幕を通して父親のことを思い出したとき、父親がどう感じたかを尋ねられたとき、彼女は次のように答えた。 「彼はとても誇りに思うだろう。みんなもそう思うだろう。」

今日の最新ニュースなどが受信トレイに届きます



READ  リバプール移籍-キリアン・エムバペのヒント、フロリアン・ノイハウス£34m、ジョディ・ベリンガム