Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フォーススーパーWが日本のクラブ東京三共フェニックスと提携することに合意

フォーススーパーWが日本のクラブ東京三共フェニックスと提携することに合意

ウェスタン・フォースのスーパーWプログラムは、日本の女子ラグビーチームである東京三協フェニックスとのパートナーシップに合意し、選手交流やプレシーズントライアルマッチを含む海外遠征の機会を目玉にしている。

この提携は、経営陣、コーチ、コーチングスタッフ、メディア専門家の交流に加え、知識の交換、共同ブランドの創設やアカデミーの計画などを目的として、両クラブにさまざまなメリットをもたらすことで合意された。

東京三共フェニックスは、2002年に創設された日本のラグビークラブで、2013年に女子ラグビーチームも創設されました。女子チームは、2022年シーズンに7人制と15人制の両方のトーナメントで日本代表となりました。

パートナーシップの一環として、フォースはスーパーWシーズンに先立ってトライアルマッチとして2024年初めにパースで東京サンキョウフェニックスを主催する。 週末に1試合、平日に1試合。 2024年10月のオリンピックでも、フェニックスが東京でフォースをホストすることが合意された。

選手交換の機会の一環として、東京サンキョーフェニックスのフロントロー、柏木夏希は2024年のスーパーWシーズンに向けてフォースにレンタルされる予定で、同様の取り決めが2025年に正式に締結される予定である。フォースの選手が東京サンキョーにレンタルされる機会はさらに増えるだろう。 2024年と2025年のフェニックス。

「このパートナーシップは、選手とスタッフの交流の機会を通じて選手の成長とスタッフの専門能力開発を目的とした、当社の女子プログラムを成長させる新たな一歩です」と女子ハイパフォーマンスパワー部門責任者のクラウディア・ベルは述べた。

「2024年にパースと東京でプレシーズントライアルマッチを開催することは、私たちのチームを異なるスタイルのラグビーをプレーする国際競争チームにさらすことになり、選手たちにプロスポーツチームとしての遠征方法や外国人チームとの付き合い方を学ぶ機会を提供することになる」フィールド上の状況。

「選手交換を通じて国際的に優秀な人材を追加することは双方にとって有益であり、2024年のスーパーボウルで夏木選手が再びプレーできることに興奮しています。」

2023年のスーパーボウルに何度か出場している柏木は、多才な25歳の選手で、最近10月のWXV2トーナメントに出場した日本代表でもある。

東京三共フェニックスゼネラルマネージャーで元日本代表選手の四宮雄平氏は、「長年の夢がまたひとつ叶いました。女子ラグビーがより魅力的なスポーツになるためには、単にプレーするだけでなく、ラグビーの発展も必要だったと思います」と語った。日本国内だけでなく、海外でもプレーしたい。」

「スーパーラグビーとパートナーシップを結び、日本の女子ラグビー選手が長くスポーツを続けられるようサポートできると信じています。

「オーストラリア遠征では、女子ラグビーを通じて日本文化と東京三協フェニックスの魅力を伝えていきたいと思います。私が以前海外でプレーしていたように、多くの選手がフェニックスに加入して世界に羽ばたく手助けをしたいと思っています。」

READ  世界スヌーカー選手権:スチュアート・ビンガムがマーク・セルビーを率いるために戦い、ウィルソン・マーフィーが主宰