Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フランクフルトの日本人選手長谷部誠が40歳で引退

フランクフルトの日本人選手長谷部誠が40歳で引退

アイントラハト・フランクフルトの元日本代表DF長谷部誠(40)がシーズン終了後に引退し、バックルームスタッフに加わると水曜日にドイツのクラブが発表した。

このセンターバックは、2007-08シーズン途中に浦和レッズからヴォルフスブルクに加入して以来、ブンデスリーガで383試合に出場している。

長谷部は2006年に代表デビューを果たし、日本代表として114試合に出場し2得点を記録した。

長谷部はクラブの声明で「この決断について慎重に考えたし、今が適切な時期だと思う」と述べた。

22年間プロサッカー選手として過ごした後、私はキャリアに終止符を打つことにしました。

長谷部は2011年のアジアカップで優勝し、2010年から国際大会から引退する2018年までサムライブルーのキャプテンを務めた。

彼はヴォルフスブルクで2008-09シーズンにブンデスリーガのタイトルを獲得し、ニュルンベルクで1年間過ごした後、2014年にフランクフルトに移籍した。

フランクフルトでは、ヘッセビがドイツ杯とヨーロッパリーグを制覇した。

長谷部はフランクフルト史上最年長選手であり、ブンデスリーガでプレーした選手としては5番目に古い選手として引退することになる。

彼はコーチとしてクラブに残ることになる。

フランクフルトのスポーツディレクター、マルクス・グローシェ氏は「キャリアに終止符を打った彼の決断は名誉なことだ」と長谷部を称賛した。

「マコトはアイントラハト・フランクフルトに素晴らしい功績を残した。

「彼が私たちのクラブに来て、長年の経験を若い選手たちに伝えてくれることを嬉しく思います。」

READ  ナツメグがツイッターで人気になるキムはリトルジャパンの実験を喜ぶ| チームGBオリンピックサッカー