Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フランスで女子高生を誘拐して殺害したとして起訴された 31 歳の男 | フランス

31歳の男が女子高生を誘拐して殺害した罪で起訴された フランス、パリでの少女の殺害が怒りを引き起こした1か月後。

最新の被害者は、フランスのメディアで Vanessa と名付けられた 14 歳の少女で、先週の金曜日、ロット エ ガロンヌ地方のトネンヌの町で学校から帰る途中に連れて行かれました。

車の中で一日中ハシシを吸っていた地元のフランス人男性が、レイプと首を絞めたことを自供した後、彼女の体を放棄された建物に投棄した、と地元の検察官は日曜日の声明で述べた。

拘留中、彼は犯罪を計画しておらず、犠牲者を知らなかったと述べ、「彼の行動は性的動機によるものだった」と付け加えた.

「この男は自分の行動の深刻さに圧倒されています。当分の間、彼は自分の独房に留まり、完全に説明できないと思われることを説明するのに最適な立場にある専門家と会う予定です」と弁護士のアレクサンダー・マーティンはBFMニュースに語った.チャネル。

Romain Chevrillという名前の殺人犯は、共犯者と一緒に暮らし、生後1か月の娘がいました. 彼は 15 歳のときに児童性的虐待で有罪判決を受けました。

フランスでは学童の殺人は非常にまれであり、 10月にパリで12歳の少女が殺害された それはショックと怒りを引き起こしました。 被害者は誘拐され、性的暴行を受け、放課後にエマニュエル・マクロン大統領が「悪」と呼んだ犯罪で殺害された。

この事件は、容疑者が精神障害のあるアルジェリア人女性でフランスに不法滞在し、追放命令を受けていたため、暴力的な政治的論争を巻き起こしました。

READ  「サイバー攻撃」がイランの運輸鉄道省を襲う| イラン