Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フランス・レバノン映画がアジア短編映画祭で最優秀賞を受賞





2022年6月20日に東京で開催されたフェスティバルの授賞式で、アジアショートフィルムフェスティバルの創設者である別所哲也氏と河瀨直美監督が講演します。

TOKYO(京堂)-ベイルートの移民労働者の秘密の情熱を描いたフランス・レバノン映画が、月曜日にアジア最大の短編映画祭の1つで一等賞を受賞しました。

レバノン系カナダ人監督のダニア・ベデアによる「ワルシャ」は、今年のアジア短編映画祭で、グランプリとしても知られるジョージ・ルーカス賞を受賞しました。この映画祭は、東京各地の会場で2週間の公演を終えました。

約16分の短編映画は、ある日レバノンで最も危険なクレーンの1つに乗るボランティアをしているベイルートのクレーンオペレーターを追っています。その間に彼は新しい自由の感覚を発見します。

バディールは、フェスティバルの授賞式でのオンライン受け入れスピーチで、賞を受賞することを「誇りに思う」と感じ、「この映画が世界中の観客をつなぎ、影響を与えることをとても嬉しく思います」と述べました。

彼女はさらに、「私はこの賞をレバノン、あらゆる場所の移民労働者、一人で生活することができない人に捧げます」と付け加えました。

今年のフェスティバル「メタバース」は、人々がつながり、働く包括的な仮想世界であり、東京の会場とオンラインでのパフォーマンスを組み合わせたハイブリッド形式で6月7日に始まりました。

1999年に日本人俳優の別荘哲也によって設立されて以来毎年開催されているこの映画祭は、翌年のアカデミー賞に5本の映画がノミネートされるアジアで唯一の国際短編映画祭です。

吉田正也の「TheLimitTaxiGirl」は、公式コンペティションの日本部門で優勝した後、もう1つの対象映画となり、NuhushHumayun監督によるバングラデシュのホラー短編「Mushari」がアジア部門の賞を受賞しました。

式典を称えた有名人には、カンヌ賞を数回受賞した河瀨直美監督と東京オリンピックの公式映画の総監督が含まれていました。

今月初めに開催された、大会に出場したアスリートを中心とした2つのショーの「サイドA」と、大会のスタッフやボランティアの生活を描いた「サイドB」が金曜日に公開される。

「この映画の制作には3年半かかりました。約1週間前にクライアントに渡したので、ようやく人々に見せることができます」とカワッシ氏は予告編を見せた後、語った。

小池百合子東京都知事も出席し、日本の首都の魅力を描いた作品を表彰する東京映画コンクール賞を「東京レイン」に授与しました。

スイスのデュオ、ミシェル・ワイルドとロバート・シュナイダーによる12分間の白黒短編映画は、彼が机で残業している間に眠っている給与を追跡します。 東京に大雨が降り、目を覚ますと以前と同じように何も見つかりません。

受賞者のオンライン上映は、他の映画のセレクションとともに、6月30日まで行われる予定です。

READ  トム・ハンクスは、ジェフ・ベゾスが彼を宇宙に招待したと言います-しかし、彼が2800万ドルを支払った場合に限ります