Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フランス全土で混乱を引き起こしている嵐で殺された女性| フランス

女性が殺され、14人が負傷した フランス 雷と雹の嵐も国を襲い、ブドウ園を破壊し、飛行を遅らせました。

フランス南西部の住民はテニスボールの大きさの雹の写真をオンラインで投稿し、パリ地域の運転手は昼間の空に浸水した道路と雷雲の写真を投稿しました。

地方自治体によると、雷はエッフェル塔を損傷することなく襲い、パリの東に火を放った。

電力会社のエネディスによると、土曜日に嵐が襲った後、日曜日には何千もの家が停電したままでした。 パリのオルリー空港からのフライトは土曜日に一時的に中断され、シャルル・ド・ゴールでフライトの遅延が発生しました。

内務大臣のジェラルド・ダルマニン氏はツイッターのツイートで、洪水で流された女性がノルマンディーのルーアン市で車の下で死んでいるのが発見されたと述べた。 死の状況は明確ではありませんでした。

30,000のフランスのスカウトユニットのいくつかは、嵐の間にシャンボール城に避難した後、キャンプを去ります。 写真:ギヨームサウバント/AFP/ゲッティイメージズ

ロワール渓谷では、雹、雷、稲妻がこの地域を襲ったため、スカウト集会に参加していた何千人もの若者がシャンボール城に避難しなければなりませんでした。 宮殿の局長はフランス情報の公共放送に、一部の子供は低体温症の兆候の治療を受けたが、重傷は報告されていないと語った。

雨はまた、第二次世界大戦中の連合国のナチス侵攻であるD-Dayの78周年を祝うために、ベテランや他の人々が集まったノルマンディーのビーチを襲いました。

READ  習近平との首脳会談に関するジョー・バイデンの提案は耳が聞こえない