Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フランス左派は、国がハング議会に直面している中、「統治する準備ができている」と述べている。 選挙ニュース

フランス左派は、国がハング議会に直面している中、「統治する準備ができている」と述べている。 選挙ニュース

フランスの左派指導者ジャンリュック・メランション氏は、左派は議会で最大の政治ブロックとして台頭し「統治する準備ができている」が、どの政党も明確な過半数を獲得しておらず、同国は政治的行き詰まりに直面していると述べた。

内務省の統計によると、メランション氏率いる新人民戦線連合とその同盟者は、日曜の第2回議会選挙で過半数を獲得し、定数577の国民議会において187議席を獲得した。

この結果は、中道アンサンブル連合が159議席を獲得することに成功したエマニュエル・マクロン大統領に大きな打撃を与えた。 マリーヌ・ルペン率いる極右政党「国民集会」とその同盟者は、第1回投票で好成績を収めたにもかかわらず、意外なことに142議席を獲得して3位にランクインした。


3大連立のいずれも政権樹立に必要な絶対過半数(289議席)を獲得できず、ユーロ圏第2位の経済大国はハングパーラメント(現代では未知の領域)に直面している。

このためマクロン氏は、左右の穏健派との脆弱な連立を築こうとするか、国民戦線党の左派を政権指導者に招き入れるかのどちらかに迫られる可能性がある。 また、日常業務を処理するためにどの政党にも属さないテクノクラート政府に頼る可能性もある。

こうした断片的な結果は、EU内外におけるフランスの役割を弱め、国内の議題を推進することを誰にとっても困難にするものと予想される。

“彼 [Macron] ロンドンのクイーン・メアリー大学政治学教授レインボー・マレー氏はアルジャジーラに対し、「ジョンソン氏の立場は非常に難しい」と述べ、「ジョンソン氏の党は以前よりも議席が減っているが、左派に比べればまだ十分に強い」と語った。 「彼も辞任することになるので、非常に緊張した交渉になると思う。」

「人々が議論する主な問題の一つは、誰が次の政府を率いるかということだ。」

次のフランス首相は誰になるでしょうか?

ガブリエル・アタル首相は月曜日に辞任を申し出たが、マクロン大統領は「国の安定を保証するために当面は」首相に留任するよう求めた。

アルジャジーラ特派員のステップ・ヴァッセン氏はパリから、マクロン氏は大きな転換をする前に「時間をかけて」新たな政治情勢が安定するまで待つ可能性が高いと述べた。

連合国民戦線はマクロン氏に対し、政権樹立の機会を与えるよう即座に要請した。 連立政権は、マクロン大統領が採択したいくつかの重要な改革を取り消し、高額な公共支出プログラムに着手し、ガザ戦争をめぐりイスラエルに対してより厳しい姿勢を取ることを約束した。

「私たちの組織の論理によれば、エマニュエル・マクロン氏は今日、首相を指名するために新人民戦線を正式に招待しなければならない」と、首相候補者と目される多数のNPF幹部の一人、緑の党党首マリン・トンディラー氏は語った。

「彼はそれをするのか、それともしないのか?この大統領は常に驚きに満ちているので、私たちはそれを見てみましょう」と彼女はRTLラジオに語った。

メランション氏は、国内外の面で「法令によって」重要な決定を下す可能性を強調し、パレスチナ国家の承認が「できるだけ早く」最初の措置の一つになると強調した。

マクロン大統領は昨年2月、パレスチナ国家を承認することに前向きだが、そのような措置は「有益な時期に」行われなければならず、「感情的」なものであってはいけないと述べた。

正義発展党は合意に達することができるだろうか?

メランション氏率いるフランス反乱、社会党、緑の党、共産党など幅広い左翼政党を含む変革国民戦線連合が団結を維持し、前進する方向で合意できるかどうかはまだ分からない。

フランス社会党第一書記のオリヴィエ・フォール氏(中央)は、左派連合が今週首相候補を選出すると語る [Stephane de Sakutin/AFP]

左派労働党のクレメンティーン・オッタン議員は連立が必要だと述べた 「ガバナンスを可能にするバランスの点を決定すること。」 彼女は、元社会党大統領フランソワ・オランド氏も、党内でも物議を醸す人物であるメランション氏も首相を務めるべきではないと述べた。

社会党のオリビエ・フォーレ党首は、左派連合内での「民主主義」を呼びかけ、今週末までに左派連合内で首相候補を選出すると述べた。

連立政権の小規模な親欧州プラス公共党の共同議長であるラファエル・グラックスマン氏は、「我々は進んでいるが、議会が分裂しているので、国民は大人のように行動しなければならないだろう」と予想の中で述べた。

「人々はお互いに話し合う必要があるでしょう。」

ルペン氏に忠実な国民戦線党首ジョーダン・バルデラ氏は、最初の反応として、反FN勢力間の協力はフランスを麻痺させる「恥ずべき同盟」だと述べた。

しかし、2027年の大統領選挙で同党の候補者となる可能性が高いルペン氏は、国民集会が大きな躍進を遂げた日曜の選挙は将来への種を蒔いたと述べた。

「私たちの勝利は遅れているだけです」と彼女は言った。

「亀裂が入ってしまった」

ファシン氏は、FJP陣営内に「亀裂が生じている」とし、マクロン氏が自らの目的のために亀裂を利用しようとする可能性があると述べた。

「これは彼が採用している戦略の一部かもしれません。」 [Macron] 「チームは時には勝つためにプレーする」とヴァシンは語った。

大統領の任期が2027年まであるマクロン氏は、6月の欧州議会選挙でフランスの極右支持が急増した直後、早期選挙の実施を呼びかけた。

しかし、何百万人ものフランス人は、マクロン氏が望んでいたようにマクロン氏の周りに結集するのではなく、インフレ、犯罪、移民、そして彼の統治スタイルを含むその他の不正義に対する怒りを表明する機会としてこの投票を利用した。

READ  投獄されたロシア野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏、失踪後に沈黙を破る