Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フランス総選挙「誰も勝てない」 – POLITICO

フランス総選挙「誰も勝てない」 – POLITICO

マクロン氏の主張は部分的には正しい。 国民戦線は国会で200議席以上を獲得し、親マクロン・アンサンブル連合や、残念な3位に終わった極右国民集会を抑えた。 しかし、総議席数は議会の過半数を確保するために必要な最低議席(289議席)を大きく上回ることはなかった。

しかし、大統領の非情な判断は、日曜日の選挙以来マクロン氏の行動を批判し、新政府樹立を呼びかけず敗北を認めようとしないとしてマクロン氏を非難してきた左派の怒りを買うのは確実だ。

マクロン氏は2022年以来、フランス下院で過半数を獲得できないまま統治しているが、日曜日に左派が獲得した議席よりも多くの議席を獲得している。

289議席に近づく派閥はなく、マクロン氏は「共和制の制度、法の支配、議会主義、欧州志向、フランス独立の擁護に共感するすべての政治勢力に対し、強固な多数派を築くために正直かつ誠実な対話に取り組むよう」呼び掛けた。

日曜以降、連立協議がフランス政治の目玉となっているが、通常は一党が安定多数を占める同国では珍しい出来事となっている。 マクロン陣営内の議員らはどのような道を歩むかについて意見が分かれており、国会の保守派と協力して左派を克服する右派ブロックを構築するよう求める議員もいる一方、左右の穏健派との連携を求める議員もいた。

新人民戦線は火曜日の声明で、「新人民戦線が新国会の第一勢力であることは疑いの余地がない」と述べた。 声明「もし大統領が日曜日の選挙結果の承認を拒否すると主張するなら、これは憲法の精神への背信となるだろう。」

READ  モロッコで強い地震により少なくとも296人が死亡世界のニュース