Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フリスコに2番目のノーステキサスの場所を追加する日本の店

日本の店舗テソライフは、プレストンロードとウォーレンパークウェイの交差点にあるフリスコランチショッピングモールの最新の店舗となる予定です。

ニューヨークを拠点とする小売業者Flushingは、ショッピングセンターの拡張の一環として、以前はステレオイーストホームシアターがあった10,385平方フィート以上のスペースを取得します。 この店は2022年の夏の終わりにオープンする予定です。 ヘザーグエンによると、プロジェクトの背後にある商業用不動産会社であるNewQuestPropertiesの開発ディレクター。

センターの拡張を構成する他の3つのスペースはまだリースされていません。 合計で、拡張により23,829平方フィートの商業スペースと、フリスコランチの新しい屋外緑地が追加されます。

フリスコの場所は、キャロルトンの別の店舗を含むノーステキサスでのテソライフのプレゼンスを拡大します。 同社の7店舗の大部分はニューヨーク市にありますが、将来の場所はヒューストンとフェニックスに計画されています。 食料品やスナックから美容製品や台所用品まで、幅広い日本製品を販売しています。

フリスコランチは、低価格の日本のコンビニエンスストアであるダイソージャパン、「台湾スターバックス」と呼ばれる85°Cのコーヒーショップ、および44,000平方フィートのアジアのスーパーマーケットである99マーケットランチによって作成されました。

NewQuest Propertiesは、現在のTesoLifeサイトの本拠地であるCarrolltonTown Centerを含む、アジアの企業によって支えられているいくつかのモールを所有しています。 同社のウェブサイトによると、ヒューストンに本拠を置く商業用不動産会社は、テキサス、ルイジアナ、アリゾナ、ジョージアで100を超える小売および多目的開発の23億ドルのポートフォリオを管理しています。

READ  黒田氏が率いる日本銀行初のETF無料月間は一部の投資家を圧倒