Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フロリダでエスカレートするCovid症例に派遣された携帯型遺体安置所が、火葬場の収容能力を確認しました

感染性の高いデルタ変異に関連するCovid症例の増加により、病院と火葬場が定員に達したため、ポータブル遺体安置所がセントラルフロリダの14の病院システムに派遣されました。

木曜日のCovid-19の更新中に、オレンジカウンティ市長のジェリーデミングスは次のように述べました。 フロリダ病院協会は、16,700人以上が現在フロリダに入院していると報告しています。 病院協会はまた、この数が2020年7月の入院の以前のピークよりも約3分の2高いと報告しています。

すべての患者と病院の36パーセントがコロナウイルスを持っています。 さらに、集中治療室または集中治療室にいる人の55%がこの病気にかかっています。

ジョンズホプキンスのデータによると、過去7日間で、平均21,534件の新規症例と212件の死亡が報告されましたが、先月の今回の感染と58件の死亡は15,818件でした。

感染と入院の数が急増しているにもかかわらず、フロリダ州知事のロン・デサンティスは、一部の企業のマスクとワクチンパスポートの義務化を禁止する大統領命令を出しました。

フロリダの人口の53.8パーセントだけが完全にワクチン接種されています。

非常に伝染性の高いデルタ変異に関連するCOVID症例の増加により病院の収容能力と火葬場に到達したため、携帯型遺体安置所(ファイル写真に掲載)がセントラルフロリダの14の病院システムに派遣されました。

中央フロリダ災害医療連合は、各病院システムが施設の規模に応じて異なる量の携帯用遺体安置所を派遣すると述べた

中央フロリダ災害医療連合は、各病院システムが施設の規模に応じて異なる量の携帯用遺体安置所を派遣すると述べた

中央フロリダ災害医療同盟は、各病院システムが施設の規模に応じて異なる量の携帯型遺体安置所を派遣すると述べた。

そのうちの3つはAdventHealthとOrlandoHealthに送られ、1つだけがOrlando Health、Leesburg、HCA-East Florida、HCA-North Florida、Steward、Cleveland Clinic、HealthFirstに送られます。

デミングスはまた、病院の遺体安置所が定員に達していることを確認し、昨年3月以来の150回目のCovidアップデートで、非常事態宣言の7日間の延長を発表しました。

ミッチェル葬儀場の所有者であるキンバリーミッチェルは、オーランドの火葬場に語った 6.ニュース:COVIDがなくなることはありません。 ご覧のとおり、病院の部屋が不足しています。

ミッチェル氏はまた、葬儀室では遺体を保管するために使用される冷蔵庫が不足していると述べた。

「私たちが現在見ている急増に対処するために、私たちが集まってワクチン接種を受け、マスクを着用することは依然として重要です」とデミングスは言いました。

「オレンジカウンティでは現在192,000件以上のコロナウイルスの症例が報告されています…しかし、久しぶりに、私たちの新しい症例は1日で1,000件未満になりました。」

市長のCOVIDの最新情報によると、現在フロリダでは16,700人以上が入院しており、それらの患者の36%がウイルスに感染しています。

市長のCOVIDの最新情報によると、現在フロリダでは16,700人以上が入院しており、それらの患者の36%がウイルスに感染しています。

デミングスは

デミングスは、「ICUまたはICUの患者の55パーセントがこの病気にかかっている」と報告しました。

実際、昨日、815件の新しい症例が報告されました。 それはまだ良い数字ではありませんが、正しい方向に向かっています。 オレンジカウンティの死者数は現在1,482人で、今週の月曜日に報告したよりも8人多い。 残念ながら、今週オレンジカウンティの追加の従業員がコビッド関連の病気で亡くなったことを報告しなければなりません。

しかし、フロリダだけが携帯型遺体安置所に目を向けている州ではありません。 先月、ニューヨークのブルックリンに遺体安置所が設置され、ニューヨークのコビッドの死に対処するために約200の遺体が収容されました。

ニューヨーク市当局はまた、未請求の死者や埋葬費用を支払う余裕のない人々を埋葬するために使用された公共墓地であるハート島で開催された冷蔵トラックトレーラーに被拘禁者の遺体を埋葬する準備をしていた。

米国は金曜日にCovid-19の135,245例を記録し、7日間の移動平均は151,005で、4週間前に報告された平均61,451例から145パーセント増加しました。

米国は金曜日にCovid-19の135,245例を記録し、7日間の移動平均は151,005で、4週間前に報告された平均61,451例から145パーセント増加しました。

金曜日に記録された1,405人のウイルス関連の死亡と1,043人の7日間の移動平均で死亡も増加しました。これは28日前に報告された248人の平均から320パーセントの増加です。

金曜日に記録された1,405人のウイルス関連の死亡と1,043人の7日間の移動平均で死亡も増加しました。これは28日前に報告された248人の平均から320パーセントの増加です。

昨年11月にウイルスで亡くなった650人の未請求の遺体で満たされた50台の冷蔵トラックの衝撃的な航空写真が登場しました。 トラックはブルックリンのウォーターフロントに沿って駐車され、「災害死体安置所」と呼ばれるサンセットパークの39ストリートピアの駐車場にきれいに並んでいました。

5月、ニューヨーク市当局は、2020年4月に遺体安置所が設立されて以来、750体のウイルス犠牲者(当初の報告より100体多い)が最大1年間冷蔵トラックに乗っていたことを明らかにしました。親戚のままです。

一方、デルタ変数は、国全体を席巻している流行の4番目の荒れ狂う波を引き起こしました。

ブルックリンのサンセットパークセクションにある39番街の桟橋に駐車されていた約50台の冷凍トラックが、未請求のCovid-19犠牲者650台を保管する一時的な遺体安置所に改造されました。

ブルックリンのサンセットパークセクションにある39番街の桟橋に駐車されていた約50台の冷凍トラックが、未請求のCovid-19犠牲者650台を保管する一時的な遺体安置所に改造されました。

5月、ニューヨーク市当局は、2020年4月に遺体安置所が設立されて以来、最大1年間冷蔵トラックに乗っていた750体のウイルス犠牲者(当初の報告より100体多い)を明らかにしました。

5月、ニューヨーク市当局は、2020年4月に遺体安置所が設立されて以来、最大1年間冷蔵トラックに乗っていた750体のウイルス犠牲者(当初の報告より100体多い)を明らかにしました。

火曜日に、米国はCovid-19の135,245例を記録し、7日間の移動平均は151,005でした。これは、4週間前に報告された平均61,451から145%増加し、1月以来の最大数です。

先週の症例は1か月で207%増加し、前週では393%増加しました。

火曜日に1,405人のウイルス関連の死亡が記録され、7日間の移動平均は1,043人で、死亡者数も増加しています。4日連続で平均は4桁を超えています。

これは、28日前に報告された平均248から320%の増加であり、3月22日以降に報告された最大数です。

一方、保健社会福祉省(HHS)のデータによると、病院はすべての集中治療室(ICU)のベッドの4分の3以上を使用する患者の急増に直面しています。

READ  オバマ大統領にインタビューした意欲的なジャーナリストは、23歳で11歳で亡くなりました