Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フロリダの農民は、日本の食卓に果物を置くために荒廃と戦っています

フロリダの農民は、日本の食卓に果物を置くために荒廃と戦っています

腸チフスの蔓延とコロナウイルスの流行に対するフロリダの柑橘類農家の複合的な影響により、主要市場の1つである日本への輸出を維持するためにイノベーションが重要であるように思われます。

エピデミックによって引き起こされたインフレのために果樹を殺す長期にわたる世界的な流行は、世界有数の柑橘類栽培地域の1つで農民に多くの問題を引き起こしました。 今年の輸出は1970年以来最悪となるでしょう。

フロリダの柑橘類農家であるダン・リッチーは、2022年2月17日に撮影された写真の中で、フロリダ州ベロビーチの彼の農場で実を結んだ病気について語っています。 (京都)

63歳の第3世代農家であるダン・リッシュは、40年間、ベロビーチの大規模な柑橘類農場からフロリダ最大の市場である日本にブドウを輸出してきました。 彼はそうし続ける決心をしていると言います。

彼の妻の祖父、ジョン・ナイトは、1900年代初頭に農業を始めました。 ナイトは1937年にフロリダ柑橘類委員会に最初に勤めました。 日本へのブドウの最初の輸出は、貿易が自由化されて急速に始まった1970年代半ばに始まりました。

しかしリッチーによれば、問題はほぼ20年前に中国の貨物船を経由してフロリダにやってきた。 フロリダのオレンジの木は、世界中に広がる「カンキツグリーニング病」の影響を受けました。 感染すると、枝が変形し、果実が落ちます。 やがて、木は枯れて死んでしまいます。

2022年2月17日に撮影された写真は、フロリダ州ベロビーチの農場で「カンキツグリーニング病」を患っている黒ブドウを示しています。 (京都)

それはアジア、アフリカおよび他の地域に広がりましたが、今でも、この病気の確立された治療法はありません。 木は単に伐採する必要があります。

相続人の不足の影響を受けた農民は事業を辞め、鳥やワニのための肥沃な土地は農地として放棄されるか、ソーラーパネルを設置するための場所に与えられました。 しかし、リッチーのような裕福な農民は土地を購入し、新しい木を植えました。

2月の晴れた夜、オーランドから約90分の農場で、リッチーは木から黒いグレープフルーツを取り出し、半分に切りました。 果物の片面は非常に小さく、酸っぱい味がします。 「売るのは良くありません」と彼は言います。 近くの木から甘く爆発する熟した果実を一口飲んだ後、違いは明らかです。

自由化が1971年に始まって以来、フロリダから日本へのブドウの輸出は劇的に増加し、2003年から2004年に23万トンを超えるピークに達しました。

しかし、前の2020年から2021年のシーズンでは、輸出は7,000トン未満に減少し、現在、流行の中で人件費と燃料費が上昇するという二重の問題を悪化させています。

コロナウイルスの蔓延は物流上の問題を引き起こし、日本への輸出が1か月から2か月で到着するまでの時間が一般的に2倍になりました。 送料が5倍に増えたため、会社は損失に直面する準備ができています。

しかし、新たな課題があっても、リッチーの農場や他の企業は、フロリダの柑橘類産業を活性化する方法を模索しています。

東京の高砂香料工業株式会社。 コカ・コーラカンパニーと共同で、若い木を病気から守ります。 彼は、柑橘系の果物から抽出したエッセンシャルオイルを香水の成分として使用するパイロットプロジェクトを開始しました。

2月 2022年17日に撮影された写真は、フロリダ州ベロビーチの農場にあるグレープフルーツを示しています。グレープフルーツの形は「カンキツグリーニング病」によって歪んでいます。 (京都)

木の苗木の葉には、害虫から遠ざけるために赤インクが塗られています。 Richeyは、蒸発を減らして水を節約するために床を覆う防水シートなどの技術を使用した持続可能な農法を使用して、実を結ぶシステムを作成することを目指しています。

高砂香料工業の関係者は、「フレーバーやフレグランスの生産には果物が重要であるため、20年近くの長期的な視点でこのプロジェクトを支援したい」と語った。

果物が保管されているスーパーマーケットを訪れ、九州の「みけん」タンジェリン農家の農法を研究するために少なくとも40回日本に旅行したリッチーは、過去2年間そこに旅行できなかったことを後悔していると言います。 国際的な拡大。

しかし、彼はためらうことなくフロリダの柑橘類の輸出事業を復活させることを決意しています。 「日本の消費者には、決して諦めずに最高の果物を生産することを約束します。」

2022年2月17日に撮影された写真は、フロリダの柑橘類農家であるドンリッチーとブドウの苗木を示しています。 葉は赤インクでコーティングされ、防水シートで粉砕されています。 (京都)

READ  日本の約束されたアウトドアフードの復活はどうなりましたか?