Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フロリダの農民は日本の食卓に実を結ぶために木の枯れと戦う

フロリダの柑橘類栽培者は、樹木枯れの蔓延とコロナウイルスの大流行による影響が相まって、最も困難な時期に直面しているため、主要市場の1つである日本への輸出を維持するための鍵はイノベーションの鍵となるようです。

果樹を殺す長引く疫病は、パンデミックによって引き起こされたインフレと相まって、世界有数の柑橘類栽培地域の1つで農民に複数の問題を引き起こしました。 今年の出荷は1970年以来最悪かもしれません。

63歳の第3世代農家であるダンリッチーは、40年以上にわたり、ベロビーチの大規模な柑橘類農場から、フロリダ最大のグレープフルーツ市場である日本に輸出してきました。 彼はそうし続ける決心をしていると言います。

彼の妻の祖父、ジョン・ナイトは、1900年代初頭に農業を始めました。 ナイトは1937年にフロリダの最初の柑橘類委員会に参加しました。農場の日本への最初のグレープフルーツの輸出は、貿易が自由化された1970年代半ばに始まりました。

しかし、リッチーによれば、問題は20年近く前に中国の貨物船を経由してフロリダに到着した。

フロリダのオレンジの木は、世界中に広がっていた「カンキツグリーニング病」の影響を受けています。 感染すると、小枝が変形し、果実が落ちます。 やがて、木は枯れて死んでしまいます。

これまでのところ、この病気に対する特別な治療法はなく、アジア、アフリカ、その他の地域に広がっています。 木は単に伐採する必要があります。

後継者のいない農民は廃業し、農地として鳥やワニが集まる肥沃な土地は放棄されるか、ソーラーパネルを設置するための場所に引き渡されました。 しかし、リッチーのような資源を持つ農民は、土地を購入し、新しい木を植えました。

オーランドから車で約90分の農場での晴れた2月の夜、リッチーは木から黒いグレープフルーツを選び、半分に切ります。 果物の片面は非常に小さく、タルトの味がします。 「これは売りに出されません」と彼は言います。 近くの木から甘みに満ちた熟した果実を食べた後、コントラストがはっきりとわかります。

1971年に自由化が始まった後、フロリダから日本へのグレープフルーツの輸出は指数関数的に増加し、2003年から2004年に23万トン以上にピークを迎えました。

しかし、2020年から2021年のシーズンには、出荷量が7,000トンを下回り、パンデミックの中で人件費と燃料費が上昇するという二重の苦痛が問題を悪化させています。

コロナウイルスの蔓延はまた、物流上の問題を引き起こし、貨物が日本に到着するのに通常かかる時間は1か月から2か月に倍増しました。 送料は5倍に増加し、会社は損失を被ることをいとわないようになりました。

しかし、新たな課題があっても、リッチーズファームや他の機関は、フロリダの柑橘類産業を復活させる方法を模索しています。

高砂香料工業と共同で、コカ・コーラと共同で若い木を病気から守るパイロットプロジェクトを立ち上げました。 柑橘系の果物から抽出したエッセンシャルオイルを香水の原料とする東京。

木の苗の葉に赤インクを塗って、病気の虫が近づかないようにします。 リッチー氏は、蒸発を減らして水を節約する防水シートで地面を覆うなどの技術を使って、持続可能な農法を使用して果物を生産するシステムを作成することを目指していると言います。

高砂香料工業の関係者は、「果物はフレーバーやフレグランスを生み出す鍵であるため、このプロジェクトを20年近く長期的な視点で支援したいと考えています」と述べています。

果物を仕入れているスーパーマーケットを訪れ、成長する方法を研究するために日本に少なくとも40回旅行したリッチー 機構 九州の農民たちは、流行のために過去2年間、九州に旅行できなかったことを後悔していると言います。

しかし、彼はフロリダの柑橘類の輸出産業を復活させることを決意しており、決意を固めています。 「日本の消費者にとって、私たちは決してあきらめず、優れた果物を生産することを約束します。」

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本のエレクトロニクスチェーンノジマはスルガ銀行とのパートナーシップを終了します