Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フロリダ州:1人の生存者が発見されたため、人身売買の疑いのあるボートが転覆した後、39人の行方不明者を捜索中| 米国のニュース

米国沿岸警備隊によると、「人間の密輸」事件で転覆した40人を乗せたボートの後、フロリダ沖で捜索が進行中です。

警報は、フォートピアス海峡の東45マイルにある「善きサマリア人」によって船にしがみついている人が見つかった後にトリガーされました。

脱水症状と日光への曝露の治療のために地元の病院に運ばれた生存者は、彼と他の39人が土曜日の夜にバハマのビミニを去ったと述べた。

彼はその後、悪天候でボートが転覆したと述べた。

男はまた、誰も救命胴衣を着ていないと言った。

沿岸警備隊の乗組員は水と空で行方不明者を探しており、これまでに1,300平方マイル以上の領域を探してきました。

沿岸警備隊は後に、船内で発見され、その多くが水没した生存者の写真をツイッターに投稿しました。

更新では、「USCGの乗組員はまだ捜索中です。サム・アル・タイブは、火曜日の午前8時頃、転覆した船で男性が救助された後、マイアミセクターのUSCGモニターに通知しました。複数のカッターと航空機が捜索を行っています。バハマのビミニからフォートピアスの入り口まで。 “”

バハマはフロリダや米国に行くための踏み台としてよく使われ、何千人もの死者が出ています。

先週の金曜日、沿岸警備隊は、ビミニの西約5マイルで転覆した疑いのある移民船から32人を救助しました。

同日、沿岸警備隊とバハマ国防軍は、バハマのグレートイナグア近くで過積載の貨物帆船に乗って88人のハイチ人を迎撃しました。

「沿岸警備隊の乗組員は、海上での生命の安全を確保するために、ハイチ、ドミニカ共和国、キューバ、プエルトリコ、バハマ周辺の海域をパトロールし続けています」と、ベンジャミン・ゴライトリー大尉は当時述べました。

「過負荷で耐航性の低い車線でフロリダ海峡、ウィンドワード、モナ峠を航行することは非常に危険であり、人命を失う可能性があります。

「沿岸警備隊と私たちのパートナー機関はこれらのフライトを引き続き停止します。あなたはブロックされ、あなたの出身国に連れ戻されることを期待する必要があります。」

READ  フィンランドは「数週間」以内にNATOに参加するかどうかを決定します