Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フーシ派のミサイル攻撃で石油タンカーが火災になったと企業が発表

フーシ派のミサイル攻撃で石油タンカーが火災になったと企業が発表

画像ソース、 フランク・ベンダー

写真にコメントして、

イエメン沖で石油タンカー「マーリン・ルアンダ」が爆撃された

フーシ派がミサイルで攻撃したと発表した後、アデン湾で石油タンカーが火災に遭ったと運航会社が発表した。

この動きは金曜日の夕方にマーリン・ルアンダ船を標的にしたと発表した。

オペレーターのトラフィグラ氏はBBCに対し、この攻撃により船の貨物タンクの1つが火災を引き起こし、消火設備が使用されて鎮火したと語った。

米当局者らはBBCの米国パートナーCBSに対し、タンカーが対艦弾道ミサイルの直撃を受け、海軍艦艇が救難信号に反応していたと語った。

米当局者らは死傷者は報告されていないと述べた。

これは紅海とその周辺におけるフーシ派による商業船舶に対する最新の攻撃である。

英国海事貿易業務(UKMTO)は、事件はアデンの南東60海里で発生したと発表した。

UKMTOは、軍艦が存在し船を支援していると述べ、乗組員全員が無事であると報告されたと付け加えた。

他の船舶には、慎重に渡河し、不審な活動があれば報告するよう勧告された。

トラフィグラ氏は、船が攻撃を受け、軍艦が救援に向かう途中であることを確認した。

Trafiguraの広報担当者は「右舷側の貨物タンクの1つで発生した火災を消火・制御するため、船内に消火設備が配備されている」と述べた。

「乗組員の安全は私たちの最優先事項です。私たちは船と連絡を取り続け、状況を注意深く監視しています。」

石油タンカーにはマーシャル諸島の国旗が掲げられている。

フーシ派軍報道官ヤヒヤ・サリー氏は、フーシ派が「多数の適切な海軍ミサイル」を使用し、金曜の攻撃は「直接的」だったと述べた。

これは金曜日、アデンの南西に位置する船舶近くの海域にミサイル2発が落下したとUKMTOが報告した前回の事件に続くものである。

11月以来、イランの支援を受けるフーシ派は、イスラエルがハマスと戦っているガザ地区のパレスチナ人と連帯して、世界で最も交通量の多い航路の一つである紅海を通過する商船に対して数十回の攻撃を開始した。

米国と英国はこのグループの攻撃に対抗して空爆を開始し、フーシ派は海運への攻撃を強化すると警告した。

英国と米国もイラン支援の武装勢力を制裁の標的にし、資金源を断ち切ろうとしている。

READ  アイルランド:ティペラリー州の交通事故で若者4人死亡 | アイルランド世界のニュース