Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フープ熱に沸く日本初のNBAバスケットボールスクールが開校

フープ熱に沸く日本初のNBAバスケットボールスクールが開校

日本初 NBAバスケットボールスクール 4月5日に東京・渋谷でお披露目された。

160名の応募者の中から選ばれた9歳から18歳までの女子20名、男子20名が、初めての練習に熱心に渋谷中学校・高等学校の運動場に集まり、興奮の渦が明らかでした。セッション。

若い才能の促進に尽力する地元組織との提携によるこの取り組みにより、日本はオーストラリア、ブラジル、スペイン、中国などと並んでNBAの世界的なバスケットボールスクールネットワークに18番目に加わることになる。

NBAバスケットボールスクール
日本の新しいNBAバスケットボールスクールがアカデミーの世界的なネットワークに加わります。 (©NBA)

このセッションは、NBAアジアのバスケットボール運営ディレクターであり、ポルトガルプロリーグの元選手であるナタリア・アンドレが司会を務めました。

「ついにここに来ることができてとても興奮しています。私たちはこの1年半、このことに取り組んできました。だから、今日ここでそれが実現するのを見るのは、素晴らしいことです」と彼女は明るい笑顔で語った。

NBAバスケットボールスクール
バスケットボール・アジアのバスケットボール運営ディレクター、ナタリア・アンドレ氏が4月5日に生徒たちに指導する。 (©NBA)


カリコムの旗

裁判所の外の建物

最先端のNBAメソッドに沿ってスキルを磨いた現地の日本人コーチの指導の下、アンドレやグローバルオペレーションスタッフと緊密に連携しながら、学生たちはドリブル、ボールハンドリング、リーダーシップの技術を向上させるための訓練に参加しました。 プログラムが進むにつれて、生徒は個々の目標に合ったレベルに配置され、改善したいバスケットボールの側面に集中できるようになります。

アンドレイさんは若い参加者の熱意に感銘を受けました。 「彼らは楽しんでいます。私たちのプログラムはエリートですが、私たちの目標は楽しく前向きな環境で教えることです。」と彼女は言いました。

「トレーナーは素晴らしかったです。このセッションを指導するトレーナーは、彼らが理解できる方法で話します。彼は、シンプルですが、非常に詳細な方法で説明します。」

広告


カリコムの旗
NBAバスケットボールスクール
全米バスケットボール協会のバスケットボールスクールの生徒らが4月5日の練習に参加。 (©NBA)

明確かつ詳細な指導に対するコーチの取り組みは、NBA スクールの全体的な目標を反映しています。 複雑なバスケットボールのスキルと戦術を教えるだけでなく、個人的および運動能力の発達に対する総合的なアプローチに重点を置き、バランスのとれた個人を育成するように設計されたカリキュラムを使用しています。

「私たちのカリキュラムには、高度な資格を持つNBAコーチ、NBA選手、スキル開発コーチからの意見が含まれています。しかし、価値観、健康、ウェルネスにも重点を置いています」とアンドレはスポーツマンシップ、敬意、チームワークの重要性を強調した。

NBAバスケットボールスクール
ナタリア アンドレは、東京の NBA バスケットボール スクールで生徒たちとチームを組みます。 (©NBA)

日本の若いサッカー選手たちは高いハードルを設定している

日本での NBA スクールの開校は、この国のバスケットボールの進化におけるエキサイティングな瞬間に時宜を得たものです。 2016 年以来、I リーグがバスケットボールのルネッサンスを刺激しており、地元出身の才能の増加は紛れもない事実です。 2020年東京オリンピックでは日本女子チームが銀メダルを獲得し、2024年パリ大会では男女チームの出場枠を獲得するなど、世界の舞台での日本の存在感はさらに高まった。

さらに、NBAにおける生え抜きの才能(八村塁と渡辺雄太)の存在は、次世代の若い先見の明のある人々に活力を与えています。

「何かをうまく管理できない場合、今日のコーチたちはそれを行うための良い方法を教えてくれました。彼らはとてもわかりやすく、理解しやすかったです。大学卒業後は、NBA選手になりたいです。私の夢は、いつかNBAになることです」野心 10 歳の柱ハヤテ君:「NBA オールスター ゲームに出場します。」

NBAバスケットボールスクール
井上光はプロゲーマーを目指す14歳。 (©NBA)

井上ひかりさん(14)も同じインスピレーションを感じた。

「コーチたちは最初から本当に活気を与えてくれて、私が慣れているものとは異なる雰囲気を作り出しました」と彼女は言いました。

井上さんは「NBAにとても興味があるので、この学校に興味があった。いつかプロ選手になるのが目標」と語った。

広告


カリコムの旗

これらの若い日本の才能が NBA バスケットボール スクールで第一歩を踏み出すとき、彼らは大きな夢、このスクールがその実現に貢献できるという夢を抱いています。

NBAバスケットボールスクール
生徒たちは開校の夜に個々のスキルを磨きました。 (©NBA)


G7サミットのロゴ

関連している:

著者: フィリップ・ダン

フィリップ・ダンは、経験豊富なマルチメディアジャーナリスト兼ビデオプロデューサーであり、日本と英国でドキュメンタリーとニュース制作の経験があります。 NHK ワールドでの優れた実績を持つ彼の作品は、スポーツ、文化、旅行、社会問題に関するストーリーテリングで知られ、異文化のレンズを通して洞察を提供します。

READ  元レッドソックス投手が日本球団と契約