Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ブライビー島:砂に生き埋めになりオーストラリア人男性死亡

ブライビー島:砂に生き埋めになりオーストラリア人男性死亡

  • ハンナ・リッチー脚本の作品
  • BBC ニュース、シドニー

写真にコメントして、

家族は声明で、ジョシュ・テイラーさんは「毎日、毎分」寂しくなるだろうと述べた。

オーストラリア人男性が海岸の砂の下に生き埋めになり死亡した、と警察が発表した。

ジョシュ・テイラーさんは土曜日、クイーンズランド州ブライビー島のビーチでキャンプをしていたところ、豚を焼くために掘られたと言われる穴に落ちた。

テイラーさん(23)は事故直後に病院に空輸されたが、木曜日に負傷がもとで死亡した。

当局は現在も彼の死に至った状況を調査している。

クイーンズランド州警察は声明で「まだ警察に相談していない人が何人かいる可能性がある」と発表した。

地元メディアによると、事故が起きたとき、テイラーさんはブリスベンの北65キロ(40マイル)に位置する人気のキャンプ場であるブライビー島に友人らと滞在していた。

クーリエ・メール紙の報道によると、救急隊員が現場に到着するまで野生生物保護官が心肺蘇生を行うまで、彼を解放するのに約15人がかかったという。

テイラーさんの家族は木曜日、彼の生命維持装置が外されたことを認めた。

ナイン・ニュース紙によると、彼らは感情的な声明の中で、彼を「私たち全員が望む最高の息子、兄弟、友人、そして仲間」であり、「毎日毎分」寂しくなるだろうと述べた。

家族の声明では「残念ながら、彼が負った傷は彼が克服するには重すぎた」と付け加え、病院スタッフの努力にも感謝した。

テイラーさんの両親に代わって組織された募金ページでは、テイラーさんを「活気に満ちた冒険心のある人物で、周囲の人々に多大な幸福をもたらした」と評した。

テイラーの家族を支援するために、65,000オーストラリアドル(42,000米ドル、34,000ポンド)以上が集まりました。

READ  ダブリンで「暴力的な事故」で殺された 3 人の姉妹 | 世界のニュース