Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ブルックリンでは百日咳の症例が15件報告されている

ブルックリンでは百日咳の症例が15件報告されている

当局者らは、最近ブルックリンで百日咳の症例が15件報告されたと述べた。

によると、6月5日にブルックリン高校で陽性症例が確認され、ランクルスクールでも追加の症例が確認されたという。 声明 市の公衆衛生福祉部長のシーガル・リース氏と公立学校教育長のライナス・J・ギロリー・ジュニア氏による。

当局者らによると、木曜日の時点で15人の感染者が確認されている。

百日咳としても知られる百日咳は、簡単に広がり、幼児や乳児に重篤な病気を引き起こす可能性がある細菌感染症です。 当局者らによると、最初の症状の兆候は感染者が感染してから約7~10日後に現れるという。

初期症状には、鼻水、くしゃみ、咳が含まれ、その後、息を吸うときに「ヒュー」という音が出る、制御不能な強い咳の発作が続きます。 当局者らによると、症状は6~10週間続く可能性があり、一般的には抗生物質による治療が推奨されているという。

「現時点では、公衆衛生上のリスクは低いと考えており、学期も終わりを迎えますが、状況や百日咳やその他の病気への曝露を避けるために住民がとれる手順について地域社会に最新の情報を提供することが重要であると考えています。 」とライスさんは言いました。

全国的に百日咳の症例が増加しています。 今年の最初の5か月間で約5,000件の症例が報告され、これは前年同期の2倍以上でした。

ブルックリン市でも当局は住民に対し、自分たちとその子供たちが確実にワクチンを受けられるよう呼び掛けた。 当局者らは、百日咳患者と接触して症状を発症した可能性がある人は検査を受ける必要があると述べた。

「この状況は進化し続けており、ブルックリン市は追加情報が判明次第、引き続き感染者と接触者を監視する」と当局者は述べた。


エミリー・スウィーニーへの連絡先は、[email protected] です。 彼女に従ってください @EmilySweeney そしてインスタグラムでも @amiswini22

READ  今月新たな機能強化が計画されているため、「ピローラ」コロナウイルス変異種は米国全土に急速に広がっています:コロナウイルスガイドライン