Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ブレイクダンスの世界で福島あゆみが日本の決勝に勝つ

ベテランダンサーの福島あゆみは、2024年にオリンピックでデビューするパリでの日本の女性専用決勝で同胞のエイミー・ユアサを破った後、土曜日に世界チャンピオンに輝いた。

38歳の福島は、2019年に世界選手権で初優勝した22歳の湯浅に3-1で勝利し、日本も1位と2位でフィニッシュしました。

「本当にうれしい。(勝つために)驚いた。自分が持っているすべてのものを与える決意で決勝に進んだ」と福島は語った。 「金を日本に持ち帰ることができてうれしいです。3年後は(パリゲーム)に全力を尽くして集中したいと思います。」

世界ダンススポーツ連盟によると、50を超える国と地域からの約200人の競技者、男性と女性がフランスの首都のシャトレ座で舞台に上がりました。

ユアサは、オリンピックのメダル候補としての資格を提示した後、銀メダルに満足していると語った。

「決勝に進み、すべてを捧げたので満足しています。観客のエネルギーを感じるのは楽しかったです。(オリンピックのために)戻りたいです」と彼女は言いました。

ブレイクダンスの第一人者の一人であるユースオリンピックのブロンズメダリスト、中井茂幸は、同胞のマタノトアと同様に、男子競技で8人の排除ラウンドを逃しました。

ブレイクダンス、BMX、3×3バスケットボールなどのアーバンスポーツは、2024年の夏季オリンピックの期間中、パリ中心部のコンコルド広場にある特別に建設された仮設会場で行われます。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  スペインとフランスの試合の結果:キリアン・エムバペがネーションズリーグ決勝に復帰