Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

プライベートエクイティ会社のベインキャピタルが日本の巨大な東芝を買収する可能性があるとの報告

東芝のロゴは、同社の東京本社で働くウィンドウクリーナーとして見られています

情報筋によると、アメリカのプライベートエクイティ会社「ベインキャピタル」が日本のプライベート会社東芝を買収する可能性があるという ロイター 水曜日。

ロイター通信によると、ベインキャピタルは、取引の資金調達に役立つ可能性のある日本の銀行との交渉を開始した。 米国の金融会社は、問題を抱えた日本企業への共同投資のために同業他社と協力する可能性があります。

東芝は、エレベーター、原子力技術、半導体、家電、電池、医療機器、IT製品など幅広い製品を生産しています。 2017年にフラッシュメモリユニットの最大の株式を売却するまで、それはチップ業界の主要なプレーヤーの1つでした。

ベインキャピタルは、現在キオクシアホールディングスとして知られている東芝フラッシュメモリユニットの販売に参加しました。 東芝は、前の部門の40%の株式をまだ保有しています。

しかし、それ以来、同社は米国の核事業における会計スキャンダルと損失に悩まされて問題に直面している。 しかし、それは依然として日本の軍事機器の主要な生産者であり、原子力エネルギーのリーダーとして国のエネルギー供給において役割を果たしています。

東芝の株価は、第1四半期に2年ぶりの安値を付けたものの、不安定な状況ではあるものの、その後は回復している。 水曜日の株価は3.3%下落し、4,205.00円(38.92ドル)で取引を終えた。

今月初め、プライベートエクイティおよびコンサルティング会社のCVCキャピタルパートナーズは200億ドルの買収入札を提出し、東芝の幹部の間で議論が巻き起こった。 東芝の車谷暢昭CEOはその後まもなく辞任し、綱川智前社長に就任した。

ロイター通信は、激動の反応の後、CVCキャピタル自体が火曜日の計画から距離を置き、手紙の中で当面は「脇に立つ」と述べた。

日本の銀行や北米の金融会社など、他のいくつかの企業も東芝の買収への入札を検討していると言われています。

取引が成立すれば、東芝は現在の株式公開の波と衝突する数少ない企業の1つになるでしょう。

米国の組織変更により、直接上場がより利用しやすくなり、SPACは活況を呈している市場になりました。 これは、小売業への投資の増加と、これが収益性の向上につながるという考えに基づいて、企業ができるだけ早く上場したいという願望によって強化されています。 今年の初めから3月中旬にかけて、2020年全体よりも多くの特別目的の買収がリストされましたが、すべてが非常に成功したわけではありません。

READ  経済楽観主義の記録にある株式の週の終わり:市場は好転する