Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

プラノイ、負傷欠場から復帰

プラノイ、負傷欠場から復帰

熊本:インドのNo.1シャトルのHSプラノイ選手が腰の怪我から待望の復帰を果たす一方、ラクシャ・セン選手は火曜日にここで始まるジャパンマスターズ・スーパー500トーナメントでリズムを掴みたいとしている。

プラノイは、先月杭州で行われたアジア競技大会で銅メダルを獲得した歴史的なパフォーマンス中に腰を痛めたため、デンマークと全仏オープンのトーナメントを棄権した。

背中に重たいストラップを巻いた31歳の選手は、杭州選手権でインドにとって41年ぶりとなる男子シングルスのメダルを獲得した。

4週間後に試合に復帰する世界選手権銅メダリストは、ノーシードのリー・チョクユエ(香​​港)と対戦するため、「ゆっくり」物事を進めたいと考えている。

プラノイ氏は日本へ出発する前に、「少しゆっくりと取り組んでいるし、怪我への対処を急いでいるわけではない」とPTIに語った。

「アジア大会の時よりも状況はずっと良くなっていると思います。トレーニングも始めました。

「また、仕事量を適切にこなす必要がある。これは私が選手として今後数年間に直面する最大の課題だ。

プラノイが最初の2回戦で対戦相手を破った場合、彼の最初の大きな挑戦は準々決勝で第2シードのアンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア)と対戦する可能性がある。

オリンピックの予選期間はすでに5月1日に始まっており、来年4月28日まで続くため、このトーナメントはセンとキダンビ・スリカンスにとってランキングポイントを獲得する機会となる。

この期間中の世界ベスト16選手がパリへの出場権を得る。

世界8位のプラノイが無事にオリンピック出場圏内に入っている一方、セン(17位)とスリカンス(23位)はパリでの最終日に向けて、安全圏に入るためにランキングポイントをさらに集めることを目指す。 2022年コモンウェルスゲームズの金メダリストであるセンは、7月のカナディアンオープンで優勝した後、一歩下がった。 彼は過去4大会で1回戦で敗退しており、その中には香港オープン・スーパー500で対戦相手に1ラウンドを与えたことも含まれている。

オリンピック出場権獲得までの道のりは険しいため、センは早期の挽回を目指すことになるだろう。

彼は第3シードで地元の人気者である奈良岡広大と対戦する。 センは1月のインドネシア・マスターズでの最後の試合で世界5位の日本人に勝利し、低迷していた士気を高めるかもしれない。

また、スリカンスはオリンピック出場権争いでランキングポイントを獲得するために、良い結果を残さなければならない。 スリカンスは予選突破戦からスタートする。

READ  アーセナルのグラニト・ジャカは、コロナウイルスに関するジョゼ・モウリーニョのメッセージに応えます