Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

プロスペクトパークサウスにある日本家屋-ニューヨーク州ブルックリン

の終わりに 20世紀、ブルックリンのプロスペクトパークサウスは、「高級な」郊外のコミュニティを作りたいと考えていた開発者のディーンイルフォードの不動産提案でした。 プロスペクトパークサウスの約205戸の住宅、いわゆる「田園都市」は、アン女王やコロニアルリバイバルから、イタリア風やスペイン風のミッションヴィラまでさまざまなスタイルで建てられました。 スイスシャレーもあります。 しかし、今日でも、日本家屋は確かにこの地域で唯一の建物の1つであり、ブルックリンで唯一の日本家屋です。 1997年、 ニューヨークタイムズ 彼はそれを「おそらくニューヨークで最も珍しい宿泊施設」と呼んだ。

長年にわたり、米国の日本領事館によって建てられたものや、日本から一枚一枚持ち込まれたものなど、多くの伝説があります。 しかし、それらのどれも真実ではありません。 家は1902年から2003年にプロス​​ペクトパークサウスに建てられました。 目標はマスコミの注目を集めることであり、1903年7月までに、イルフォードはその建物を彼のプロジェクトの広告として使用していました。

この家は、コニーアイランドのドリームランドを担当している同じ会社の建築家ジョンペティ(カービィ、ペティ、グリーン)によって設計されました。 建築家は日本のコンサルタントを招き、スタイルの信憑性を確保するために、請負業者、インテリアデザイナー、マスターガーデンの3人の日本人職人を雇いました。

家の元々の費用は約12,000ドルでしたが、その後26,500ドルで売りに出されましたが、これは当時の地域には高すぎました。 しかし、家を売るのに数年かかりました。

この家はマスコミで大ヒットしましたが、1906年に放射線科のパイオニアであるフレデリックコーリ博士に低価格で売却されました。 コーリと彼の妻ロレートアイリーンダフィー、脚本家、映画作家は、1908年にフィッチの不動産エージェントハーバートメドベリーと1910年までそこに住んでいた彼の妻ロリーにそれを売りました。彼らはそれから家をハーバートOに売りました。 ブルックリン。 家の最後の所有者であるグロリアとアルバートフィッシャーは、1972年に80,000ドルで家を購入しました。 2019年のデータによると、家の価値は100万ドルを超えています。

READ  フィルム市場の拡大と縮小