Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

プーチンの同盟国は、不穏な BBC のインタビューでロンドンを核攻撃で脅す

ロシアは世界中のすべての人が死ぬことを望んでいません。

マルコフは、潜在的な攻撃が「西側諸国で多くの人々を殺す」可能性があることを認めたが、ロシアにはウクライナに対して戦術核兵器を使用する「理由はない」と主張した。

「ウクライナ人は私たちの兄弟ですが、ウクライナはウクライナ人の代理軍である西側諸国に占領されており、西側諸国はウクライナ兵を奴隷として使ってロシア軍と戦っています。

「ロシアは世界中のすべての人が死ぬことを望んでいませんが、実際に西側諸国によって占領されているウクライナの土地で、ロシアに対する西側諸国とのこの戦争を解決することを望んでいます。」

プーチン大統領は演説の中で、ロシアの戦争遂行を支援するために国の武器生産を促進するための資金の増加も命じた。

プーチン大統領は、ウクライナの正式な併合への道を開くための国民投票の発表に続く軍隊の増員は、「祖国と領土の完全性を保護する」ことを目的としていると付け加えた。

ベン・ウォレス国防長官は、ロシアによる軍隊の動員は、プーチン大統領が「征服は失敗した」と認めたものだと述べた。

“[Putin] 彼は防衛大臣を派遣した 数万人の同胞が死ぬまでウォレスは声明で述べた。

「ウクライナがこの戦争に勝利し、国際社会が団結し、ロシアが世界ののけ者になったという事実を、どんなに脅迫やプロパガンダを使っても隠すことはできない」.

READ  ゼレンスキーは、ロシア人でさえ敗北を期待している、ウクライナはお辞儀をしていないと言います