Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ヘネシー・ジャパン小型株ファンドが先物会社への出資比率を引き上げ、市場の強い信頼感を示す

ヘネシー・ジャパン小型株ファンドが先物会社への出資比率を引き上げ、市場の強い信頼感を示す

2024 年第 2 四半期の洞察力に富んだポートフォリオ調整が戦略的な市場の動きを浮き彫りに

2007年8月31日制定 ヘネシー・ジャパン小型株ファンド (取引ポートフォリオ)は、長期的な資本の増加を目的とした、日本の中小企業への戦略的投資で有名です。 このファンドは、市場の潜在力に比べて過小評価されており、優れた経営と高い収益の質を誇る企業に焦点を当てています。 同ファンドは日本の時価総額の下位15%にある企業に投資することで、現地調査を活用して最も優れた成長見通しとファンダメンタルズ価値を持つ銘柄を選定する。

ヘネシー・ジャパン小型株ファンドが先物会社への出資比率を引き上げ、市場の強い信頼感を示す

ヘネシー・ジャパン小型株ファンド、先物会社への出資比率を引き上げ、市場の強い信頼感を示す

新規購入品まとめ

2024 年の第 2 四半期には、 ヘネシー・ジャパン小型株ファンド (取引ポートフォリオ) は 7 つの新規銘柄を追加してポートフォリオを拡大しました。 これらの中で注目に値するのはFuture Corp(東証:4722)は現在ポートフォリオの1.51%を保有しており、16億3,000万株相当の16万1,900株という多額の投資を行っている。 株式会社リログループ(東証:8876)およびキヤノンマーケティングジャパン株式会社(東証:8060)、それぞれポートフォリオの1.39%と1.05%を保有しています。

バイタルステータスが上昇する

同ファンドは戦略的に既存株式7株への出資比率を高めた。 株式会社トレジャー・ファクトリー(東証:3093) の株式数は 56.93% と大幅に増加し、現在は合計 19 億 5,000 万株相当の 188,000 株を保有しています。 他に目立った上昇はトラスコ中山株式会社(東証:9830)の株数は78.29%上昇し、合計77,200株となった。

売却されたポジションの概要

ファンドはマクセルなど6社から撤退した。東証:6810) およびグローリー株式会社 (東証:6457)、ポートフォリオにそれぞれ-1.38%と-1.31%の影響を与えました。

キーレベルの削減

7銘柄で不足が生じ、ノジマは大幅安となった。東証:7419)および高砂熱学工業株式会社(東証:1969年)、在庫はそれぞれ 37.29% と 27.43% 減少しました。 これらの調整は、市場状況に基づいてポートフォリオのパフォーマンスを最適化するというファンドの動的な戦略を反映しています。

ポートフォリオの概要

2024 年の第 2 四半期には、 ヘネシー・ジャパン小型株ファンド (取引ポートフォリオ) のポートフォリオには 65 銘柄が含まれています。 ダイヘン株式会社(ダイヘン株式会社)の株式を3.49%追加。東証:6622)、東京応化工業株式会社 2.55%(東証:4186)、東和コーポレーションでは 2.43% (東証:6315) ファンドの投資は主に 10 業界に集中しており、多様かつ集中的な市場関与を示しています。

ヘネシー・ジャパン小型株ファンド、先物会社への出資比率を引き上げ、市場の強い信頼感を示すヘネシー・ジャパン小型株ファンド、先物会社への出資比率を引き上げ、市場の強い信頼感を示す

ヘネシー・ジャパン小型株ファンド、先物会社への出資比率を引き上げ、市場の強い信頼感を示す

戦略の動き ヘネシー・ジャパン小型株ファンド (取引ポートフォリオ)を2024年の第2四半期に予定しており、市場のダイナミクスを活用し、細心の銘柄選択とセクター配分を通じてポートフォリオの価値を最適化するという同社のコミットメントを強調している。

GuruFocus によって作成されたこの記事は、一般的な洞察を提供することを目的としており、財務上のアドバイスを目的としたものではありません。 当社の解説は過去のデータとアナリストの予測に基づいており、公平な方法論を使用しており、特定の投資ガイドとしての役割を意図したものではありません。 これは株式の売買を推奨するものではなく、個人の投資目的や財務状況を考慮するものではありません。 私たちの使命は、長期にわたる基本的なデータ駆動型分析を提供することです。 当社の分析には、価格に敏感な最近の企業発表や品質情報を組み込むことはできないことに注意してください。 GuruFocus はここで言及されている銘柄にポジションを持っていません。

この記事が最初に表示されました クルフォーカス

READ  日本はウクライナに防弾チョッキやその他の物資を供給することになっています