Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ヘリウム漏れによりスターライナー乗組員試験飛行が遅延

ヘリウム漏れによりスターライナー乗組員試験飛行が遅延

ワシントン – NASAとボーイングは、宇宙船の推進システムのヘリウム漏れの解決に取り組んでいる間、同社のCST-100スターライナーの初の有人飛行を再び延期した。

声明 5月17日下旬、NASAは、圧力システムの漏れに対する作業を続けるため、以前は5月21日に予定されていた乗組員飛行試験(CFT)ミッションが、遅くとも5月25日午後3時9分(東部標準時間)までに延期されたと発表した。宇宙船の中。

この最新の文書は、NASAとボーイングが、宇宙船のサービスモジュールの推進装置のヘリウム漏れに対処するため、5月17日に予定されていた打ち上げを延期すると発表した3日後に発表された。 漏れの原因はエンジンの1つのフランジにあることが判明し、ボーイング社は当時、漏れの特徴をより詳しく解明し、フランジを交換せずにシステムをそのまま飛行させるための航空理論的根拠の開発に取り組んでいると述べた。

NASAは新たな延期を発表する際、「5月15日に宇宙船のヘリウムシステムに対して実施された圧力試験では、先端の漏れは安定しており、このレベルでは飛行中に危険を及ぼさないことが示された」と述べた。 「ボーイングのチームは、システムが飛行中に十分な性能能力と適切な冗長性を維持できるようにするための運用手順を開発中です。」

NASAは、商用乗組員とISSプログラムが「飛行カウントダウンに入る前にデータと手順を検討して最終決定を下す」ために今後数日かかると付け加えた。

この発表は、バルブからパラシュートに至るまでの宇宙船の要素に関するさまざまな技術的問題により、長年にわたって全般的な挫折に​​見舞われてきたこのミッションにさらなる遅れが生じるのではないかという憶測が数時間続いた後に行われた。 ボーイングはヘリウム漏れについて追加の詳細をほとんど提供せず、それに関する以前の質問には答えなかった。

業界関係者によると、漏れは5月6日のカウントダウン中に発見され、アトラス5ケンタウルスの上段に無関係のバルブの問題が発生したため中止された。 バルブが正常に作動していれば打ち上げが続行されたかどうかは不明だ。

ボーイングの副社長で同社のスターライナープログラム責任者のマーク・ナッピ氏は、5月6日の洗浄後の記者会見では、ヘリウム漏れや宇宙船のその他の問題については言及しなかった。 同氏は当時、予定された打ち上げ時刻の約2時間前に打ち上げがキャンセルされるまで、打ち上げ準備は通常通りに進められていたため、「今日はプロセス全体にとって良い試運転だった」と語った。 「予定より約45分早く進んだので、チームは素晴らしい仕事をしてくれました。」

「多くのことがうまくいかなければなりません。大部分のことがうまくいくわけではありません。立ち上げ前にすべてがうまくいかなければなりません」と彼は付け加えた。

READ  4月8日の天気予報 皆既日食の経路に沿って