Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ヘルプ! 日本の四季折々の食材の循環に私は巻き込まれた

ヘルプ! 日本の四季折々の食材の循環に私は巻き込まれた

それがいつ来るかはわかります。 バスルームには余分なファンクが漂っています。 シンクの排水口から新たな濃さが解放されます。 一晩棚の上に置いた後でも、食器はまだ乾燥していません。 つゆ (モンスーンは)まだ正式には到来していませんが、服の中、タオルの中、耳の間など、あらゆる場所に湿気がこもります。

日本の集団的な文化的アイデンティティは、髪の湿気のように四季に密着しています。 読者の皆さんも、春夏秋冬、同じ樹木や風景を描いた四連祭壇画の掛け軸や写真を見たことがあるはずだ。 しかし、日本で1年間過ごしたことがある人なら誰でも知っているように、それは現実を歪める美的な自己イメージであり、例年6月に襲う梅雨の深刻な憂鬱や9月の台風シーズンのピークの混乱をそのままにしています。

日本は、一年を通して短く、非常に具体的な季節という旧中国暦の伝統に従っており、24 の主要なカテゴリがあります。 啓蟄または「Insects Awake」、マーチ、 尚書、または7月の「少し暑い」。 24日はさらに72の微季節に分かれています。コモノスナワチミノル、または米を追熟させるため、9月2日から6日まで、または「酒ノ村ガル」12月。 16〜20時はサケの遡上シーズンの終わりです。 これを書いていると、 ペニパナサカウまたは「サフランの花が咲く」。

READ  日本、韓国、米国は駆逐艦用にAUKUSを複製すべきである