Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ベイリーギフォードシンニッポンplc:2021年4月更新

  • トラストは、日本に変化をもたらす力を持つ質の高い企業に投資しています
  • Praveen Kumarは、2015年から信頼を管理してきた経験豊富な日本人マネージャーです。
  • 長期的なパフォーマンスは堅調ですが、それは将来のパフォーマンスを示すものではありません。

財布にどのように収まるか

ベイリー・ギフォード・シン・ニッポン・トラストは、小規模で質の高い日本企業に投資することにより、長期的な投資家の資金を増やすことを目指しています。 これらの企業は、優れた長期的な成長の可能性を提供できますが、大企業よりも高いリスクを抱えています。 このファンドは、日本へのエクスポージャーや大企業に焦点を当てた日本のファンドの分散を求める進取的な投資ポートフォリオの一部としてうまく機能する可能性があります。

クローズドエンド型ファンドの投資家は、信託が純資産価値に対して割引またはプレミアムで取引できることに注意する必要があります。

ディレクター

Praveen Kumarは、2015年12月からこの信託を管理し、投資キャリア全体をBaillie Giffordで過ごし、2008年に彼に加わりました。彼はJapan Equites Teamの投資マネージャーであり、2011年から日本株を専門としています。

クマールはまた、ベイリーギフォード日本小企業ファンドのプリンシパルディレクターおよびベイリーギフォードジャパントラストの副ディレクターでもあります。 これらは同様の方法で運営されており、同じ会社のいくつかに投資しています。 私たちは彼が彼のコミットメントを快適に管理できると信じています。

より広範な日本の株式チームによってサポートされています。 現在、ポートフォリオマネージャー、アナリスト、製品スペシャリストを含む11人のメンバーで構成されており、アイデアの調査、チャレンジ、分析を行うことができます。

処理する

長期的な企業投資は、トラストの投資哲学の中核部分です。ファンドの投資のほぼ4分の1が10年以上にわたって行われ、その3分の1以上が5年から10年の間行われています。 マネージャーは、ダイナミックな管理チームを持ち、急速で破壊的な成長の可能性がある企業を探しています。

もう一つの大きな焦点は、企業が日本に意味のある変化をもたらすことです。 過去1年間、パンデミックは特定の傾向を加速させており、長期的には、クマールは一部の中小企業がこれから利益を得ることができると感じています。 ヘルスケアの発展、金融革新、新技術の開発は、「新しい日本」に向けて努力しているほんの一例です。

その結果、GATechnologiesの不動産プラットフォームが最近Trustに追加されました。 同社は、リモートビューイングや自動フロアプラン作成など、さまざまな所有権タスクをオンラインで管理できるようにする人工知能(AI)ソフトウェアを開発しました。 マネージャーは、他のほとんどの同僚と比べてユニークであり、長期的な成長を実現するのに適した立場にあると感じています。

デジタルウェルスマネジメントプラットフォームであるWealthNaviIncは、信頼へのもう1つの追加でした。 クラウドベースのロボアドバイザリーサービスを提供し、人々がファイナンシャルアドバイスにアクセスできるようにします。 歴史的に、アドバイスは裕福な人々に限定されてきたので、クマールはそれが意味のある変化につながる可能性があると信じています。 オンラインサービスの需要も、会社を支援するために増加するように設定されています。

引き換えに、デジタルガレージとデジタル決済サービスのロジスティクスおよび倉庫会社のハマキョウレックスが売却されました。 グーグルアカデミーは日本のデジタル決済分野での競争に苦しんでいたため、将来的には同じレベルの成長を達成できない可能性があります。

ハマキョウレックスは労働力不足に見舞われ、その後、経験豊富な労働者を確保するためにはるかに高い賃金を支払ったため、利益率が低下しました。 これは会社にとって長期的な問題になる可能性があるため、マネージャーは確信を失いました。

自信には、あらゆる利益または損失を増幅できるギアを使用する柔軟性があります。 投資家は、使用するとリスクが高まる可能性があることに注意する必要があります。

文明

ベイリーギフォードは、1908年に設立され、会社で事業を行うパートナーが所有する、プライベートで独立したパートナーシップです。 この所有構造は、トップマネージャーが自分たちを投資家と見なし、会社とその投資ポートフォリオに既得権を持って業績を上げていることを意味します。

これは、投資家の利益が意思決定プロセスの中心である、長期的な焦点を持った文化の育成に役立ったと信じています。 また、ポートフォリオマネージャーが長期投資家の利益と一致する方法で動機付けられていることも気に入っています。

取締役会は、環境、社会、ガバナンス(ESG)の問題を監督する責任があり、ESG要因は当然トラストの長期投資アプローチと一致していると考えています。

マネージャーは、環境、社会、企業統治の要素のみに基づいている企業を除外するのではなく、企業が持続可能な方法で行動することを奨励しています。 歴史的に、日本企業はガバナンスに苦労してきたため、エンゲージメント、持続可能なビジネス慣行、および各企業の取締役会の構造と経営陣に大きな重点が置かれています。

費用

2021年1月31日までのファンドの会計年度の現在の年会費は、前年度の0.73%から0.71%でした。 投資家は、リスクと手数料体系の詳細について、最新のレポート、年次会計、および主要な投資家情報を参照する必要があります。

SIPPまたはISAで維持される場合、0.45%のHLプラットフォーム料金(SIPPの場合は最大200ポンド、ISAの場合は最大45ポンド)も年間適用されます。 プラットフォーム料金は、ファンドおよび共有アカウントで保持されている場合は適用されません。

パフォーマンス

2015年12月にクマールが信託を引き継いだため、AICインベストメントトラストジャパンの83.2%の利益と比較して156.1%*増加しています。 過去のパフォーマンスは未来へのガイドではなく、自信もより困難な時期を経てきたことを忘れないでください。

2020年までの大まかなスタートにもかかわらず、Confidenceは過去12か月間も堅調に推移しています。 AICインベストメントトラストジャパンが49.6%を返したのに対し、自信は68.8%戻っています。 その純資産価値(NAV)は52.1%増加しました。 すべての投資が減少し、その価値が高まるため、投資額を減らすことができます。

当然のことながら、出前館などの食品配達サービスは、社会的距離の措置と封鎖のために忙しかった。 実店舗が閉鎖されている間、企業は自社のサービスを利用して海上に留まり、取引を継続したため、ウイルスが蔓延して以来、彼らは力強い業績を上げています。

うまくいったもう1つのオンラインサービスは、Bengo4.comリーガルポータルです。 弁護士とアドバイスを必要とする人々を結び付け、デジタル契約ビジネスであるCloudSignを通じて優れた成長を遂げています。 在宅勤務者が従来のハンコスタンプで文書を認証できなかったため、この流行はデジタル契約への移行を加速させました。 CloudSignはこのためのソリューションを提供しました。

ただし、すべての企業が成功しているわけではありません。 日本を代表する旅行会社HISは、最も業績の悪い企業の1つでした。 国内および海外旅行の崩壊により、企業は停滞し、利益は急落しました。

化粧品小売業者のIstyleも、トラストの業績不振の1つでした。 その事業の大部分は実店舗のネットワークから来ています。 パンデミックによりこれらの店舗は閉鎖を余儀なくされたため、同社の収益は大きな打撃を受けました。

年間成長率
3月16日

3月17日
3月17日

3月18日
3月18日

3月19日
3月19日

3月20日
3月20日

3月21日
ビリーギフォードシェーンニッポントラスト 28.6% 43.9% -5.0% -21.2% 68.8%
AIC投資ファンド-日本 32.2% 17.5% -7.9% -9.7% 49.6%

過去のパフォーマンスは未来へのガイドではありません。 出典:* 2021年3月31日までのリッパーIM。

漫画を含むベイリーギフォードシンニッポントラストの詳細をご覧ください

ベイリーギフォードシンニッポントラストインベストメントカンパニーの主たる投資家に関する情報

READ  ミャンマーで不安が高まる中、日本企業はビジネスへの影響を懸念