Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ベイリーギフォードシンニッポンplc:2022年5月更新

  • Praveen Kumarは経験豊富な日本のファンドマネージャーであり、2015年12月からファンドを管理しています。
  • 長期的なパフォーマンスは堅調ですが、それは将来のパフォーマンスを示すものではありません。
  • トラストは、変化を起こし、「新しい日本」を目指して努力する能力を備えた、質の高い破壊的な企業に投資しています。

それはどのように財布に収まりますか

ベイリー・ギフォード・シン・ニッポン・トラストは、より小規模で質の高い日本企業に投資することにより、長期投資家の資金を増やすことを目指しています。 これらの企業は、より若く、より破壊的で、優れた長期的な成長の可能性を提供する傾向がありますが、より大きな同業他社よりもリスクが高くなります。

このファンドは、日本へのエクスポージャーを求める冒険的な投資ポートフォリオの一部として、または大手企業に焦点を当てた日本のファンドによるポートフォリオの分散としてうまくいく可能性があります。 クローズドエンド型ファンドの投資家は、信託が純資産価値(NAV)に対して割引またはプレミアムで取引できることに注意する必要があります。

ボス

Praveen Kumarは、2015年12月からこの信託を管理しており、投資キャリア全体をBaillie Giffordで過ごし、2008年に参加しました。彼はEquites Japanチームの投資マネージャーであり、2011年から日本株式を専門としています。

クマールは、ベイリーギフォード日本中小企業トラストのプリンシパルディレクターおよびベイリーギフォードジャパントラストの副ディレクターでもあります。 これらは同様の方法で実行され、同じ会社のいくつかに投資します。 私たちは、彼がこれらの責任へのコミットメントを快適に管理できると信じています。 クマールは、ベイリーギフォード日本中小企業トラストのプリンシパルディレクターおよびベイリーギフォードジャパントラストの副ディレクターでもあります。 これらは同様の方法で実行され、同じ会社のいくつかに投資します。 私たちは、彼がこれらの責任へのコミットメントを快適に管理できると信じています。

より幅広い日本のエクイティチームに支えられています。 現在、ポートフォリオマネージャー、アナリスト、製品スペシャリストを含む11人のメンバーで構成されており、洞察、課題、分析を提供しています。 グローバルチームを含む他の投資チームとの重複もあります。 オーバーラップは、より広範な市場動向を理解するのに役立ち、潜在的な投資アイデアの別の情報源を提供します。

治療する

クマールは物事をシンプルに保つのが好きです。 若くてダイナミックな管理チームによって運営されている急成長中の企業への投資に焦点を当てています。 このような企業は、日本に意味のある、切望されている変化をもたらす傾向があります。 ヘルスケアの進歩、金融革新、新技術開発などは、「新しい日本」を目指して努力している企業のほんの一例です。 クマールは、変化を促進したり、これらの傾向を利用したりできる企業が長期的な成長の鍵であると信じています。

マネージャーの投資プロセスのもう1つの重要な部分は、長期投資です。 ファンドの投資のほぼ4分の1は10年以上保有されており、その3分の1以上は5年から10年の間保有されています。 これは、通常、信託が市場平均よりも長く株式を保有しているため、売上高が低いままであることを意味します。 過去12か月間にポートフォリオにいくつかの変更がありました。

独立したエネルギー生産者と供給者が急増した後、Enechangeが信頼に追加されました。 これは、人々が利用可能な最良の電力取引を検索し、必要に応じて切り替えを容易にするためのオンラインサービスを提供します。 合成生物学の会社であるスピビエと、機械編み機のリーダーである島精機製作所は、彼らの長期的な成長の可能性について自信を持って追加されました。

クマールはまた、ファンドの投資の一部を削減しました。 エピデミックダム缶は、良好なパフォーマンスの期間の後に減少しました。 需要が少し落ち込んだため、パンデミック時ほどうまくいっていなかったため、チームは利益を上げて他の場所でリサイクルしたいと考えていました。

採用会社であるアウトソーシングも、過去12か月で縮小されました。 同社は日本の雇用問題に対して前向きな解決策を提供しているが、潜在的なスキャンダルが懸念されている。 クマールは、株価の下落の可能性を制限するために投資額を減らし、その後、状況を完全に理解するために会社と直接取引しました。 彼は状況を監視し続けましたが、問題は当初考えていたよりもはるかに小さいことが判明したため、彼は会社に確信を持っています。

トラストには、あらゆる利益または損失を拡大できるレバレッジを使用する柔軟性があります。 投資家は、使用するとリスクが高まる可能性があることに注意する必要があります。

文化

ベイリーギフォードは、1908年に設立され、会社で働く従業員が所有する独立した官民パートナーシップです。 この所有構造は、上級管理職が自分自身を投資家と見なし、会社とその投資ポートフォリオに優れたパフォーマンスで既得権を持っていることを意味します。

これは、投資家の利益が意思決定プロセスの中心である、長期的な焦点を持った文化を育むのに役立ったと信じています。 また、ポートフォリオマネージャーが長期投資家の利益と一致する方法で動機付けられていることも気に入っています。

ESG統合

すべてのベイリーギフォードトラストおよびトラストは、長期的な投資期間を念頭に置いて管理されています。彼らは、自分たちを短期のテナントではなく、ビジネスの長期的な所有者と見なしています。 したがって、社会が長期的にビジネスモデルをサポートするかどうか、そして経営陣が株主資本の優れた管理者として機能するかどうかを評価することは、投資プロセスの重要な部分です。 すべてのファンドマネージャーは、会社のESG調査の開発と調整を担当する専任のガバナンスおよび持続可能性チームにアクセスできます。 物議を醸す武器への投資は、会社全体で禁止されています。

物議を醸している全社的な武器スクリーンを除いて、ディレクターは、ESG要因のみに基づいている企業を除外するのではなく、企業が持続可能な方法で行動することを奨励しています。 歴史的に、日本企業はガバナンスの分野で苦労してきたため、エンゲージメント、持続可能なビジネス慣行、および各企業の取締役会と経営陣の構造に重点が置かれています。

クマールは最近、日本の小規模企業のいくつかがESGの取り組みにうまく反応していることを発見しました。 彼らは、大手企業がどのように運営され、彼らが使用している慣行を理解することに大きな価値を見出しています。 クマール氏は、ESGへのアプローチを改善するために5年間のコミットメントを行っている企業もあり、若い経営陣を持つ企業は、日本のビジネスの「昔ながらの」型を打ち破ることに特に熱心であると述べました。

料金

基金の2022年1月31日までの会計年度の年会費は、前年度の0.71%から0.66%でした。 投資家は最新のものを参照する必要があります 年次報告書とアカウント、 そしてその 主要な投資家情報 リスクと手数料体系の詳細については。

SIPPまたはISAで開催される場合、HLの年間0.45%のプラットフォーム料金(SIPPの場合は最大200ポンド、ISAの場合は最大45ポンド)も適用されます。 プラットフォーム料金は、ファンドおよび株式口座に保有されている場合は適用されません。

パフォーマンス

信託のパフォーマンスは、1985年の開始以来、AICインベストメントトラストジャパンセグメントの平均ピアリターンを上回っています。この期間中、信託はいくつかの困難な時期を経ており、これは将来のパフォーマンスのガイドではありません。

これは最近のケースでした。 クマールは2015年12月に信託を支配し、チーフディレクターを務めていた間、信託は61.85%*増加しましたが、AICインベストメントトラストジャパンセグメントは53.59%を返しました。 これは良いリターンですが、過去12か月は特に困難でした。

ベイリーギフォードの投資アプローチに沿って、クマールは、成長企業として知られる、平均以上の収益成長を生み出すことができると彼が信じている企業に焦点を当てています。 過去1年間で、これらの企業は投資家の支持を失い、変革を遂げる投資家、またはバリューファームとして知られる企業への道を開いてきました。

これは最近の信頼に圧力をかけ、昨年度(2022年1月末まで)にNAVは24.1%下落し、株価は28.5%下落しました。

ローテーションスタイルとは別に、パンデミックの間にうまくいったいくつかのより高い成長のオンラインビジネスの需要も落ちました。 オンラインの法律ポータルであるBengo4.comは、過去5年間で好調でしたが、ファンドの昨年度では、パフォーマンスが最も悪い株の1つでした。 それは運用上強力なままであり、その価格決定力を行使し始めました-増加したコストを消費者に転嫁します-しかし、需要の低下は株価を下げました。

同様に、日本の大手オンライン食品注文および配達会社である出前館は、需要の減少に続いて苦しんでいます。 着実に市場での地位を強化してきましたが、需要の大幅な減少と拡大のための多額の投資が最近の業績を妨げました。

しかし、それはすべて悲観的で悲観的ではありませんでした。 ファンドのパフォーマンスを押し上げた過去1年間の投資がたくさんありました。

キャンプ用品のメーカーであるスノーピークは、トラストのトップパフォーマンス株の1つでした。 レジャー活動としてのキャンプは日本で成長傾向にあり、高品質の機器のトップブランドとして、スノーピークの価値は急上昇しています。

半導体メーカーのJeolもトラストのトップパフォーマーの1人でした。 彼は、生産時間を短縮するのに役立つデバイスを開発したため、特に半導体が不足しているときに需要が高まっています。

成長への投資は望ましくないままですが、自信は引き続き低迷する可能性があります。 ただし、Kumarとチームは、高品質で破壊的なビジネスに長期的に投資することで、市場をアウトパフォームできると考えています。 すべての投資は、投資よりも少ない金額で取り戻すことができるように、上下します。

年間成長率




4月17日-4月18日 4月18日-4月19日 4月19日-4月20日 4月20日-4月21日 4月21日-4月22日
ビリーギフォードシェーンニッポンplc 50.79% -2.82% -12.49% 48.83% -37.85%
AIC投資ファンド-日本 23.62% -6.15% -3.26% 34.12% -16.11%

過去のパフォーマンスは未来へのガイドではありません。 出典:*リッパーIMから2022年4月30日まで。

ベイリーギフォードシンニッポントラストの詳細(手数料を含む)

プリンシパル・インベスター情報文書ビリー・ギフォード・シェーン・ニッポン

最新の調査結果を受信トレイに直接送信してもらいたいですか?

私たちの専門研究チームは、投資信託の範囲に関する定期的な更新を提供します。

続行する前に、次のエラーを修正してください。

Hargreaves Lansdown PLCグループ会社は通常、当社の製品およびサービスに関する詳細情報を郵送または電子メールで送信します。 これを受け取りたくない場合は、お知らせください。 お客様の個人データを販売または取引することはありません。

私たちの投資信託調査は、投資のリスクを理解し、投資信託への投資がすべての人に適しているわけではないことを理解している投資家を対象としています。 投資家は、ファンドの目的が彼ら自身の目的と互換性があり、行われる投資の種類に特定の必要性がある場合にのみ投資する必要があります。 投資家は、投資する前に投資ファンドの特定のリスクを理解し、新しい投資が分散ポートフォリオの一部を形成することを確認する必要があります。

この記事についてどう思いますか?

READ  日本の大手ダイキン工業がアンドラプラデーシュ州に3番目の製造施設を設立