Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ベシアーズ氏は来週、経済開発ミッションで日本と韓国を訪問 • ケンタッキー・ランタン

ベシアーズ氏は来週、経済開発ミッションで日本と韓国を訪問 • ケンタッキー・ランタン

ケンタッキー州のアンディ・ベッシャー知事は来週、日本と韓国を訪問する予定で、同氏の事務所は「州に新たな雇用をもたらすための経済開発旅行」と説明している。

この訪問には、ブリタニー・ベッシャー大統領夫人、ジェフ・ノエル経済開発長官、ジム・グレイ運輸長官、その他行政府のメンバーも参加する。 ニュースリリースによると、彼らは「州内での将来の投資と雇用創出の機会を特定するため、企業や事業組織」と会合する予定だという。 新作リリース 知事室から。

ニュースリリースによると、ケンタッキー州には国際的に所有される約540の事業所があり、州内で11万7,000人以上が雇用されている。 ケンタッキー州には、日本所有の施設が 200 か所あり、従業員は 47,000 名、韓国所有の施設が 7 か所、従業員は 1,200 名です。

ベッシャー氏とグレイ氏はまた、韓国の警察庁とも会い、運転免許証に関する相互協定に署名する予定で、これにより、米国に長期移住する従業員が職場まで効率的な交通手段を得ることができるようになる。

「米国でビジネスを行うのにここケンタッキー州ほど適した場所はありません。今回の訪問により、そのメッセージを日本と韓国のビジネスリーダーと直接共有できるようになります」とベッシャー氏はリリースの中で述べている。 「既存の雇用主と会い、コモンウェルスに良い雇用機会をもたらす新たな関係を築くことを楽しみにしています。」

READ  日本のビジネスジャイアンツレディNFT、ブロックチェーン開発の動き