Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ベテラン日銀監視機関、日本の家計は円安でさらなる苦痛に直面すると警告 ロイター通信

ベテラン日銀監視機関、日本の家計は円安でさらなる苦痛に直面すると警告 ロイター通信

木原ライカ著

[東京(ロイター)] – 日銀シニア監視委員の加藤出氏は火曜日、中央銀行による金融緩和政策の正常化の矢面に立たされているのは日本の家計であり、投資家に円安を促す絶好の口実を与えていると述べた。

円安は輸入原材料の価格を上昇させ、インフレ高進と消費への打撃をもたらし、日本の政策立案者にとって頭の痛い問題となっている。

現政策立案者と近い関係にあるツタン・リサーチのチーフエコノミスト、加藤氏は、通貨安による経済への悪影響を認識し、日銀は7月に利上げし、来年末までに金利を1%に引き上げる可能性があると述べた。

同氏はロイターのインタビューで「日本の実質金利は依然として非常に低く、日銀のバランスシートは異常に大きい」と語った。 「金利が低水準に維持される時間が長ければ長いほど、円安とインフレ上昇という悪循環を引き起こすリスクが増大する。」

円は今年これまでに対ドルで10%以上下落した。

同氏は、インフレ率を上回る賃金の上昇が見られず、日本の実質消費は日銀が2013年に大規模な資産買い入れプログラムを導入する前の水準を依然として下回っていると述べた。

日本銀行は3月に8年間にわたるマイナス金利政策と残されたその他の過激な刺激策を終了したが、短期金利をゼロ近辺に維持し、毎月6兆円近く(376億ドル)の国債を買い続けている。

加藤氏は「刺激策が縮小されたとはいえ、日銀の優先事項は債券利回りを安定的に低く保つことであった。これには円安の加速が犠牲になった」と述べた。

同氏は「円がこれほど下落している今、中央銀行は優先順位を再考する必要がある。結局のところ、為替レートの安定は債券市場の安定と同じくらい重要だ」と述べ、日銀に対し金融政策正常化のペースを加速するよう求めた。

日銀は次回、7月30─31日に政策決定会合を開き、債券買い入れ額を削減し、約600兆円のバランスシートを縮小する方法に関する詳細な計画を発表する予定だ。

加藤氏は、日銀が最初の3カ月間は毎月の国債買い入れ額を5兆円に減らし、その後3カ月に1回、さらに大幅な削減を行う可能性があると述べた。

10年国債利回りは現在の1%未満の水準から1.5%程度まで上昇する可能性があるが、民間金融機関の利活用などにより、日銀は市場を混乱させることなくバランスシートを約200兆円削減できる可能性が高い。 accept… 中央銀行が販売する債券。 と加藤さんは言いました。

加藤氏は「日銀は、非常に高いインフレへの取り組みで後手に回るリスクは低いと述べた」と述べた。 「実際のところ、彼女には無駄にする時間があまりありません。」

(1ドル=159.4100円)

READ  日本企業は前向きな性質の経済を成長させています: その方法は次のとおりです