Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ベトナムからの研修生が身体的暴行で和解に達する

ベトナムからの研修生が身体的暴行で和解に達する

岡山の建設会社で2年間の身体的虐待を受けたベトナムの技術インターンは、元上司と配置を手配した監督機関との和解に達した。

41歳の女性は、広島県に本拠を置く労働組合である福山ユニオンタンポポに最終的に避難所を見つけました。

組合関係者は、岡山県に本拠を置く岡山市に本拠を置く建設会社、シックスクリエイトと和解に達したと語った。

彼女は、会社がベトナム人男性に虐待について謝罪し、組織も適切な支援を提供しなかったことを謝罪したと述べた。

2つの機関も補償を支払います。

シックスクリエイトの弁護士は、朝日新聞からの質問に答えることを拒否した。

しかし、監督組織は、プライバシーの問題を理由に詳細を明らかにすることを拒否したものの、問題は友好的に解決されたと述べた。

男は2019年10月に来日し、Six Createでトレーニングを開始し、主に建設現場で足場を建てるのを手伝いました。

福山連合タンポポの関係者によると、建設会社の日本人労働者は、ベトナム人男性が始めた直後に身体的攻撃を開始した。 ある時、彼は地面にぶつかって保護用の鋼のブーツで蹴られたとき、3本の肋骨が折れていました。

組合は男性の虐待のビデオを入手し、1月に公開した。

ビデオの1つは、トラックからアイテムを降ろそうとしているときに、ほうきで殴られた男性を示しています。

2月、入国管理局と労働省は、重大な人権侵害を理由に、SixCreateによる技術研修生のトレーニングスキームの承認を取り消しました。

4月、ベトナム人男性は広島市の建設会社で見習いとして訓練を再開した。 彼は新しい職場を楽しんだし、健康が改善したと言った。

READ  プラズマの不安定性が宇宙観をどう変えるか