Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ベトナム企業がCOVID-19ワクチン技術を日本の塩野義製薬に移転することに合意

2020年10月30日に撮影されたこの図では、女性が「COVID-19ワクチン」というラベルの付いた小瓶と医療用注射器を持っています。REUTERS/ Dado Rovich

ハノイ(ロイター)-ベトナムのAICとVabiotechは日本の塩野義製薬と組換えDNAタンパク質技術に基づいたCOVID-19ワクチンを製造する契約を締結したと保健省当局者は地元メディアVnExpressに語った。 火曜日。

ベトナムでは、流行のほとんどの場合にウイルスの封じ込めに成功した後、4月下旬に発生して以来、記録的な毎日の感染増加に直面しています。

政府は、ホーチミン市の商業の中心地と首都ハノイを含む東南アジアの国の約3分の1で移動に厳しい制限を課しています。

日本とベトナムの企業間の取引は秘密保持契約の対象となるが、組換えタンパク質ベースのワクチンの国内生産に基づくと、保健省当局者のグエン・ゴ・クアン氏はVnExpressに語った。

後に政府が発表した声明によると、移管は来年6月までに完了する予定です。

シオノギとAICは、ロイターからの取引に関するコメントの要請にすぐには応じなかった。

Vabiotechの情報筋は、同社が日本の塩野義製薬と交渉中であることを確認したが、秘密の合意を引用して、それ以上の詳細を明らかにすることを拒否した。 ファビオテックは先週、スプートニクのワクチンの最初の実験バッチを製造したと述べ、品質チェックのためにロシアに出荷されると述べた。 続きを読む

5月、シオノギは今年後半にCOVID-19ワクチンの提供を開始する可能性があると述べた。 続きを読む

ベトナムのCOVID-19の数は、過去1週間で1日あたり6,000件を超えました。 現在の発生により、政府はワクチンの供給を支援し、技術移転の取引を世界的に求めるよう圧力が高まっています。

ベトナムは先週、mRNAワクチンの国内生産について米国と協議中であると述べた。 続きを読む

政府は、同じタンパク質ベースの組換えDNA技術で開発された自家製のNanokovaxワクチンが、2021年末までに地元で使用できるようになると予想しています。続きを読む

ベトナムは火曜日に7,913件のCOVID-19の新規症例を報告し、流行の開始以来の感染の総数は114,260件になりました。 公式データによると、約423,000人が完全に予防接種を受けています。

JamesPearsonによる編集LouiseHeavensによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本のピラミッドから「ウェールズの水中王国」まで - 波に失われた冷たい水没した都市