Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ベンヤミン・ネタニヤフ首相、ハマスとの人質取引はラファ侵攻を止められないと警告

ベンヤミン・ネタニヤフ首相、ハマスとの人質取引はラファ侵攻を止められないと警告

イスラエル首相は日曜日、「米国はハマスの殲滅という目標と人質解放という目標において我々に同意する」と述べ、米国政府の支援に対する懸念を一蹴した。

「これをどのように行うかについての決定は、私たち、そして選挙で選ばれたイスラエル政府にかかっています」と彼は述べた。

彼はまた、先月パレスチナ国家の国際承認の可能性を提起したキャメロン外相を批判した。

「人々がそれを私たちに課そうとするなら、それは大きな間違いになるだろう。なぜなら、ホロコースト以来、ユダヤ人に対して行われた最も恐ろしい攻撃の後、それはテロの報いとみなされることになるからだ」と彼は述べた。

」[The] イスラエルの人々はそれを受け入れないだろうし、平和を望むなら、この道を進むべきではない。」

イスラエルの文化大臣ミキ・ゾハール氏はテレグラフに対し、イスラエル軍は「ラファで戦争を始める準備ができている」と語った。

「テロ組織ハマスは、我々が現地に入る前に、人質解放の合意に同意するかどうかを判断する必要がある」と述べた。

家に連れて帰りましょう

ツァシ・ハネグビ国家安全保障問題担当大統領補佐官は土曜日、イスラエルのチャンネル12に対し、ハマスとの合意には人質全員の返還が含まれるべきであり、一時停戦は「いかなる状況においても戦争の終結と解釈することはできない」と述べた。

ハマスはまだこの提案の詳細について正式にコメントしていないが、イスラエルとの停戦は長期的であり、ガザからのイスラエル軍の完全撤退が含まれなければならないと以前述べていた。

地元メディアによると、イスラエル軍は先週末もガザ地区南部、中部、北部への襲撃を続け、数十人のパレスチナ人を殺害した。 戦争中に3万人近くのパレスチナ人が殺害された。 イスラエルはこのうち1万2000人がハマスの戦闘員だと主張している。

イスラエルは先週、ガザ南部のナセル病院で200人以上の「テロ容疑者」を逮捕したと発表した。

ニューヨーク・タイムズの報道によると、ガザには人質約134人が残っているとみられ、そのうち約50人が死亡したと推定されている。

11月の停戦後に解放された人質らは、ガザで今も拘束されている一部の女性が性的暴行を受けていると証言した。

土曜日の夜、数千人のイスラエル人がイスラエル全土でデモを行い、人質事件への政府の対応に抗議した。 テルアビブでは21人が逮捕され、数人が負傷し、警察は放水銃や騎馬警察官を使ってデモを解散させた。

人質の家族らは長年、ネタニヤフ首相に辞任を求める一方、合意条件の譲歩を拒否して政府が愛する人たちを見捨てたとして非難してきた。

イスラエルのベザレル・スモトリヒ財務大臣は今週初め、イスラエルのカン公共ラジオに対し、ガザから人質を帰還させることはイスラエルにとって「最も重要なことではない」とし、「いかなる犠牲を払ってでも」合意に達すべきではないと発言し、騒動を引き起こした。 」。

READ  キルキール: 一族がNIに集まる中、「ハンナ出身なら手を挙げてください」