Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ベースロードパワージャパン、早稲田大学で地熱ビジネスケースコンテストを開催

ベースロードパワージャパン、早稲田大学で地熱ビジネスケースコンテストを開催


ベースロード・パワー・ジャパンと早稲田大学は、日本の地熱エネルギー開発に焦点を当てたビジネスケース・コンテストを共催しました(出典:ベースロード・パワー・ジャパン)。

ベースロード・パワー・ジャパンと早稲田大学は、日本における地熱エネルギーの認識と受け入れを高めることを目的としたビジネスケースコンテストを共催しました。

ベースロードパワージャパン株式会社Ltd.、スウェーデンに拠点を置く子会社 中核資本、最近ビジネスケースコンテストを共催しました 早稲田大学グローバルマネジメントプログラム。 このイベントは日本の地熱エネルギー開発に焦点を当て、早稲田大学ビジネススクールで開催されました。 イベントには早稲田大学と香港科技大学の学生約130人が参加した。

コンテストの話題でした 「日本のコミュニティにおける地熱エネルギーの認識と受け入れを促進する。」 最終段階では、22 チームのうち 4 チームが提案書を提出し、残りのチームが選出されました。
学生たちは地域住民、行政関係者、NGO、温泉経営者などそれぞれの役を演じ、発表者に質問をしました。 広範な審議の結果、1 つのチームが勝者と宣言されました。

早稲田大学におけるBaseload Power Japanのビジネスケースコンテスト優勝チーム(出典:Baseload Power Japan)

スウェーデン大使館公使参事官兼公使次長のジョアンナ・リンドクイスト氏がイベントで尊敬される基調講演者を務め、化石フリーで持続可能なエネルギーへの移行におけるスウェーデンの経験を共有した。
ポリシー。

「スウェーデンの初期の脱炭素化への取り組みが力強い経済成長につながった」 彼女はその場にいた人たちに言った。 「持続可能性は企業に競争上の優位性をもたらし、長期的には関係者全員にとって双方に利益をもたらします。社会のあらゆる部分が協力することが重要です。」

早稲田大学での実現可能性研究コンテストで基調講演を行うスウェーデン大使館のヨハンナ・リンドクイスト副公使(出典:ベースロード・パワー・ジャパン)

このコンテストでは学生の革新的なアイデアが紹介され、貴重な教育の機会が提供されました。 「私たちは、実行可能なビジネス戦略とマーケティング戦略を作成することで、学生が実際のビジネス事例から学ぶことを奨励することを目指しています。」 早稲田大学准教授のジャスパー・エドマン氏はこう語る。 「学生たちへの協力と参加に感謝します。」

「地域の利害関係者を理解し、その意見に耳を傾けることは、日本の地熱プロジェクトにとって非常に重要です。」 ベースロードパワージャパン代表取締役のピーター・サンド氏はこう語る。

「私たちは、学生たちに、グリーントランジションと地域活性化の二重の利点と、それが活力ある農村地域社会の創造にどのように貢献できるかを考えてもらうことを目指しています。ベースロードパワージャパンは、将来的にも同様の取り組みを通じて、地熱エネルギーの促進と次世代人材の育成に取り組んでいきます。」 」

出典:メール通信

READ  イエレンは議会に10月18日までに債務上限を引き上げなければならないと警告している