Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ホッケーワールドカップの蓄積が続く中、アイルランドは日本に落ちる-アイリッシュタイムズ

アイルランド1日本2

アイルランドは今週ベルフィールドで行われたソフトコシリーズの第4試合で日本に2-1で敗れた後、ワールドカップの準備を完了しました。

鳥山明の努力と永井友理の前半の壮大な勝利により、シオフラ・オブライエンの最初の国際ストライキは最初の1分で阻止された。

今週のほとんどの会議と同様に、アイルランドは地域と所有の要素のほとんどを支配しましたが、日本は両方のサークルで強力な防御力で勝利しました。

ショーンダンサーコーチによると、彼の若いチームが才能のあるホーム群衆の前で違いを生むためのクリーンな機会を排除できないことに不満を感じていました。

「私たちは十分な一貫性を持っていませんでした、そして私たちは十分にうまくやるのに必要なことをしました」と彼は止められないシリーズを繰り返して言いました。

「彼らは私たちを傷つけ、私たちはそれを十分にコントロールできませんでした。私たちは攻撃ゲームを進めていますが、より多くのチャンスを確保する必要があります。

「それは私たちが学ぶことができる教訓です。日本はしっかりと防御しますが、攻撃チームとしてより良くなる必要があります。

アイルランドにとっては、3週間で8回、岡山で4回、ダブリンで4回、日本と出会ったという奇妙な局面を終えました。

これは、世界をリードする9チームをテストマッチの出場権から追放したFIHプロリーグの影響によるものです。

ですから、ダンサーは、対等な立場で、あまり蓄積されていないことに不満を感じていますが、一方で、世界で10位にランクされているチームに対してトップの形でゲームを獲得できたことを嬉しく思います。

「私はプロリーグに失望しています。 私たちがいる場所では、ゲームは利用できません。 私はすべてのコーチを招待します。

「しかし、これらの日本のゲームは決して古くはなく、私たちは実装して競争できるホッケーのスタイルをプレイします。それは私たちが先週の日曜日にそれらを勝ち取ることにとても興奮した理由を示しています、そしてそれは私たちが行っている努力に対するいくつかの報酬を示しました。

アイルランドの選手たちは、来週の月曜日にワールドカップに向けてアムステルダムに向かう前に、残り3日でインドに勝ちます。

ダンサーは、ナオミ・キャロルとデイトル・デュークの2人の負傷にもかかわらず、7月2日土曜日に健康でオランダと対戦する準備ができていると言います。

以前、アイルランドの23歳未満のチームは、エレンリード、リアオジア、ミハイルパワーの最終四半期のゴールでウクライナを3-0で下しました。 彼らは土曜日の午前11時に米国に対するユニフォームファイブネーショングループステージを終了します。

アイルランド: A McFerran、S McAuley、S Hawkshaw、K Mullan、H McLoughlin、S Torrans、L Tice、N Carroll、C Perdue、K McKee、E Curran

サプリメント: M Gary、R Upton、C Becks、S O Bryan、D Duke、C Hamil、Z Mulseed

日本: 田中、浅井、鈴木、永井、永井、及川、小塚、瀬川、小早川、鳥山、島田

サプリメント: E中村、N松本、Mスブッチ、K森、M川村、K浦田、S大本

READ  ノルウェーの誰かが日本にゼロCO2の「グリーンアンモニア」を供給しているようです