Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ホワイトハウス、パーキンソン病の専門医がバイデン氏を評価したことを認める

ホワイトハウス、パーキンソン病の専門医がバイデン氏を評価したことを認める

しかし、医療専門家らは大統領がパーキンソン病と一致する症状を患っていると指摘しており、米軍最高司令官としての役割を遂行する能力を証明するために一般検査を受けるよう求める声も上がっている。

バイデン氏はメディア攻撃の際、Mネットワークのモーニング・ジョー氏との電話で応じた。 S. それ。 私と一緒に。 CNNは月曜日、同氏が大統領として過ごす毎日は神経学的検査であると強調し、同氏の適性を疑問視する人々は「彼を狂わせる」と述べた。

1月にカナード医師と面会したホワイトハウス内科医のオコナー医師も、バイデン氏の病状に関する憶測を鎮める書簡を発表した。

オコナー医師は、「バイデン大統領は年に一度の健康診断以外は神経科医の診察を受けていない」と述べ、「非常に詳細な」検査では「中枢神経疾患」は何も見つからなかったと付け加えた。

しかし、下院共和党はオコナー医師がバイデン氏の健康状態について「正確かつ独立した」評価を提供できるかどうか明確にするよう求めた際、ホワイトハウスからの「入り混じった混乱を招くメッセージ」を挙げ、オコナー医師の「独立性」に疑問を呈している。

オコナー博士は元陸軍大佐でホワイトハウスの医療スタッフであり、オバマ副大統領時代に初めてバイデンの政府公式医師を務めた。

彼はまた、末期の脳腫瘍と診断されたバイデン氏の長男ボー君の治療にも協力した。

同医師は、バイデン氏が2017年1月に副大統領職を退任した際の別れのメッセージの中で、バイデン氏一族について「私の人生にとって本当に重要な部分」だと述べた。

READ  ウクライナ戦争:ロシアの次の都市の中で恐怖と悲しみの時間がない| 世界のニュース