Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ホワイトハウスは、バイデン氏が米国の鉄鋼会社の日本企業への売却には「厳しい精査」が必要だと考えていると述べた。

ホワイトハウスは、バイデン氏が米国の鉄鋼会社の日本企業への売却には「厳しい精査」が必要だと考えていると述べた。

ワシントン(AP通信)-ジョー・バイデン大統領は、日本の日本製鉄によるUSスチール買収計画に対する「厳しい精査」が正当であると信じている、とホワイトハウスは木曜日、鉄鋼労働者の労働組合への懸念を引き起こした買収案をめぐる数日間の沈黙を経て発表した。

ラエル・ブレイナード国家経済会議局長は、この協定は対米外国投資に関する秘密委員会によって検討されると示唆した。同委員会には外国投資に起因する国家安全保障上のリスクを調査するため、経済機関や国家安全保障機関の代表も参加している。米国への投資。 アメリカの企業。

同氏は声明で、バイデン氏は「この象徴的な米国所有企業の外国企業による買収(たとえ緊密な同盟国であっても)は、国家安全保障とサプライチェーンの信頼性への潜在的な影響に関して真剣な精査に値すると信じている」と述べた。

「外国投資に関する省庁間委員会によって可能となり、バイデン政権によって促進されたこの種の取引は、慎重に調査されるように設定されているようだ」と彼女は述べた。 同氏はさらに、「当政権はそのような調査の結果を慎重に検討し、適切な場合には行動する用意がある」と付け加えた。

READ  調査によると、海外の日本企業の60%が2021年に利益を上げると見込んでいます。