Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ホワイトハウスは、日本がエタノールの需要を倍増させることを約束していると発表しました

アメリカ穀物評議会によって| 2022年5月26日


ジョセフ・バイデン大統領は今週初めて日本に来て、岸田文雄首相と会談しました。 そこで、Biden大統領と岸田首相は、持続可能な航空燃料と道路燃料を含むバイオタノールの需要を倍増させることにより、2030年までに輸入石油への依存を減らすという日本のコミットメントを歓迎した。

米国穀物評議会(USGC)は、日本でエタノールを使用する可能性を拡大するための継続的な支援に対して、米国大使のラーム・エマニュエルに感謝します。

「日本でのバイオエタノールの使用拡大は、理事会の戦略的目標です」と、USGCの副会長であるゲイリー・シフェラスは述べています。 「東京の米国大使館のエマニュエル大使と彼のチームは、USGCにとって不可欠なパートナーであり、日本の消費者にとってのバイオ燃料の増加の利点と、日本が炭素削減目標を達成する方法について話し合っています。」

USGCの社長兼CEOであるRyanLeGrandとSifferathは、今年3月に2年以上ぶりに東京を訪れました。 そこにいる間、彼らは評議会のスタッフと政府と業界の代表者と会い、評議会によって代表される5つの製品と、それらのアプリケーションに対する国の継続的なサポートについて話し合いました。

エタノールは日本での主要な議論のトピックでしたが、評議会の指導者は多くの組織やエマニュエル大使と会い、国内でエタノールを拡大する可能性について話し合いました。

2021/2022年のマーケティング年度のこれまでのところ、日本は粗粒、副産物、エタノール、肉製品の米国への4番目に大きな輸出市場であり、7,521,368メートルトン(トウモロコシに相当する296,101,215ブッシェル)を購入しています。

評議会は、世界中の政府や組織とのパートナーシップを維持することにより、市場の改善、貿易の活性化、生活条件の改善という目的を発展させ続けることができます。

READ  中国は日本に靖国神社の軍国主義を打破するよう求めている