Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ホンダのボスは、日本のデュアルタイトル「不可能」と言います

ホンダF1マネージングディレクターの山本政志は、今年の日本での2つのレースは「不可能」だと信じています。

それはそうだった 最近発表された 発生による旅行制限のため、シンガポールグランプリが進まなかったのは今年で2年連続。

BBCは、トルコグランプリと中国グランプリの両方がそれに取って代わるために対立していると報告しましたが、レースを主催するために、ダブルタイトルがすでに下のトラックで検討されています。

オースティンのアメリカサーキットに1つあることはゲームにとって魅力的なオプションですが、カレンダーのシンガポールの直後のスペースを埋めるので、日本グランプリは論理的にオプションになります。

しかし、そこでのCOVID-19の状況のた​​め、ほとんどの人がまだワクチン接種を受けていなかったため、山本はそれが可能であるとは信じていませんでした。

公式F1ストアで最新の2021チームの衣装をすべてチェックしてください

代わりに、彼はレースが確実にもう一度進行していることを確認することが優先されるべきであると考えており、一部のファンは直接参加することができます。

「個人的には嬉しいですが、日本では新しいコロナウイルスのワクチンの問題があるため、日本で2レースを飛ぶのは非常に難しいと思います」と彼は語った。 as-web.jp

「オリンピックを成功裏に開催し、数人のファンで鈴木を開催できればとても嬉しいです。

「ファンを獲得するのは最悪の状況ではないかもしれませんが、私たちは帰りのホンダレースの最後の年に私たちが強いことをテレビでみんなに見せたいと思っています。

「でも、二度はできませんよね? 日本では、人口の約10%だけがコロナの予防接種を受けています。 ですから、そのような状況ではこれについて話すことはできないと思います。 これは私の個人的な意見ですが、2回できるとは思いません。 」

彼はまた、シンガポールでのレースが変更されておらず、カレンダーが単に22レースに減らされても心配しないと言います。

「個人的には22戦でも23戦でも参加者のコンディションは同じなので、個人的には気にしない」と語った。

Twitterでフォローします Planet_F1、 私たちのような Facebookのページ そして Instagramにご参加ください!

READ  ワイルドセーブファイルの呼吸•Eurogamer.net