Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ホンダはチップ不足の中で2度目の利益予想を引き下げる

東京(ロイター)-本田技研工業(7267.T)は、世界的な半導体不足が続いているため、自動車生産の削減と鉄鋼および材料価格の高騰を余儀なくされたため、金曜日に2度目の通年利益予測を引き下げた。 利益率。

他の自動車メーカーと同様に、ホンダの生産計画はチップ不足に見舞われており、9月の世界生産は、中国などの主要市場の需要がパンデミック不況から回復したにもかかわらず、前年比30%減少しました。

記者会見で、クレシ副社長は記者会見で、「供給不足は限定的だと考えているが、供給不足はより深刻で長続きすると見ている」と述べた。

ホンダは、消費者への引き渡しが困難だった鉄鋼などの材料費の増加にも取り組んでいると付け加えた。

リフィニティブのデータによると、ホンダの3月31日に終了した事業年度の営業利益の最新の予測は6600億円(58億ドル)で、8月に発表された予測から15%減少し、20人のアナリストによる平均予測の7,645億円を下回った。

金曜日の2はまた、自動車販売計画を、過去12か月の450万台から、今年度の485万台から420万台に削減しました。

ホンダのモジュロスタイルのロゴの写真は、2019年2月19日、東京の本社のショールームで見られます。(ロイター)/キム・ギョンフン

木曜日に、トップの競争相手であるトヨタ自動車(7203.T)は、通年の販売目標を引き下げ、半導体の不足が依然として年間生産計画にリスクをもたらすと警告した。 続きを読む

ホンダのクレシ氏は、チップ不足は3月以降緩和されると見込んでおり、電気自動車やその他のゼロエミッション車への切り替えを加速する計画に影響を与えるべきではないと述べた。

日本の自動車メーカーは、電気自動車と燃料電池車(FCV)の比率を2040年までに総売上高の100%に増やすことを目指しており、中国のすべての新モデルは2030年時点で電気自動車またはハイブリッド車です。

ホンダは自動運転技術も開発しており、2030年までに主要市場のすべてのモデルに先進運転支援システムを搭載する計画だと語った。

ホンダは9月30日までの3ヶ月で営業利益が3分の1近く減少して1,989億円になったと語った。 リフィニティブのデータによると、その結果は、9人のアナリストによる推定に基づく平均予測の1,835億を上回っていました。

(ドル= 113.7100円)

(ティムケリーは報告します)。 Christopher Cushing、Clarence Fernandez、LincolnFestによる編集。

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  COVID-19:長い封鎖の後、最初の土曜日にパーティーは本格的になりました| 英国のニュース