Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ホンダはF1日本グランプリのメインスポンサーになります

レースが行われている鈴鹿サーキットを所有する日本のメーカーは、ロードカーの電化へのシフトによってもたらされるビジネス上の課題の中で継続できないと感じたため、グランプリレースに背を向けました。

その後、レッドブルとアルファタウリのチームとの間で、ホンダのエンジンを引き続き使用することで合意しましたが、新しいレッドブルパワートレイン部門の下でブランド名が変更されます。

しかし、ミルトン・ケインズでエンジンのメンテナンスと生産を引き継ぐというレッドブルの当初の計画は変更され、ホンダは代わりに日本の施設での運転を継続することに同意した。

この契約の一環として、モータースポーツ部門であるホンダレーシングコーポレーションのロゴが引き続きレッドブルの車に搭載されています。

フォーミュラ1レースへの関心が続き、ホンダは昨年マックスフェルスタッペンで世界タイトルを獲得したことから、今年の日本グランプリで確実に目立つ場所を確保することを選択しました。

火曜日に発表された声明の中で、次のように述べています。「本田技研工業は本日、今シーズンの2022年のF1世界選手権™の日本グランプリのメインスポンサーとして確認されたことを発表しました。

「日本グランプリは、2022年10月7日〜9日に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催されます。今年のフォーミュラ1日本グランプリの正式タイトルは、2022年フォーミュラ1ホンダ日本グランプリとなります。」

マックスフェルスタッペン、レッドブルレーシングRB16B

写真:エリック・ジュニウス

日本グランプリでのホンダの存在は、日本のメーカーがクラスに大きな関心を持っていることの証拠であり、会社が将来再びF1に戻る可能性があるという疑いが長い間ありました。

今年の初め、元ホンダF1チーフの山本正志は、会社がグランプリレースから離れるのが早すぎると思った。

「個人的には、私はあなたに同意します」と山本は言った。 「しかし、これは明らかに会社の決定であり、会社がどちらの方向に進みたいかを理解しているので、最終的にはそれを受け入れる必要があります。

「しかし、私たちは常に想像力を持っているので、いつかホンダがF1に戻ることを願っています。」

また読む:

READ  シェルがメガプロジェクトに参加し、カタールでLNGを拡大