Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ボウルの中の猫:猫が有毒化学物質に陥る危険性について日本の都市が警告 | 日本

ボウルの中の猫:猫が有毒化学物質に陥る危険性について日本の都市が警告 | 日本

新しいマーベル映画のオープニングシーンになるかもしれない。 日本の都市の住民らは、有毒化学物質の入った容器に落ちたとみられる行方不明の猫に近づいたり触れたりしないよう警告された。

不運な猫の捜索は、福山市の金属メッキ工場の従業員が出勤すると、高酸性の発がん物質である六価クロムが入った容器から黄褐色の足跡が続いているのを発見したことから始まった。

化学物質に触れると皮膚に炎症を引き起こし、吸い込むと呼吸器疾患を引き起こす可能性があります。 朝日新聞によると、同社は工場従業員が材料を扱う際にマスクとゴム手袋を着用していると発表した。

防犯カメラの映像には猫が工場から出ていく様子が映っており、現在行方不明となっている。

深さ3メートルの容器に保管されていた化学物質に猫がどのように接触したのかを示す映像はないようだ。

日本の野村鍍金福山工場の監視カメラには、有毒化学物質のタンクに落ちた猫とみられる動物が逃げている様子が映っていた。
日本の野村鍍金福山工場の監視カメラには、有毒化学物質のタンクに落ちた猫とみられる動物が逃げている様子が映っていた。

ノムラ・コーティングス福山の代表者はAFPに対し、「直ちに警察、福山市、工場近隣の住民に通報した」と語った。

同社によると、タンクを覆う蓋の一部がひっくり返ったとみられるという。

匿名の俳優はさらに、「この事件により、私たちは猫などの小動物の侵入を防ぐための対策を講じる必要性を認識しました。これは私たちが以前は予想していなかったことでした。」と付け加えた。

火曜日の時点でこの動物の目撃情報は報告されていない。 地元住民には、「不自然な見た目の」猫を見つけた場合はすぐに警察に連絡し、距離を置くよう呼び掛けられている。

福山市の環境当局は、猫が有毒化学物質に遭遇した結果死亡した可能性があると推測している。

READ  中絶砂漠:ケアへのアクセスのアメリカの新しい地理-地図| 流産