Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ボーイング、日本に持続可能な航空燃料と電力の研究開発施設を設立

ボーイングのロゴは、2022 年 7 月 20 日、英国ファーンバラで開催されたファーンバラ国際航空ショーでボーイング 737 Max の側面に表示されます。REUTERS/Peter Chibora

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

東京(ロイター)-ボーイング社は月曜日、持続可能な航空燃料(SAF)の開発を継続し、水素電気航空機の技術を高めるために、日本に研究開発施設を設立する計画を立てていると述べた。 .

この施設は、航空宇宙産業向けのロボット工学、デジタル化、自動化、および炭素繊維複合材にも焦点を当てると、米国の航空機メーカーはプレスリリースで述べています。

2050 年までに正味ゼロ排出という世界の航空業界の目標は、より多くの SAF を生成する能力に大きく依存していますが、電気および水素動力の航空機は、排出削減においてより小さな役割を果たす可能性があります。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

業界は、動物性脂肪や食用油などの原料を使用し、現在不足しており、従来のジェット燃料よりもはるかに高価なSAFに巨額の投資を必要としています. 続きを読む

業界は、2021 年の 0.5% 未満から、2050 年までに SAF 生産が燃料需要の 65% を占めることを目指しています。

日本では現在、SAF の生産が不足しているが、国内の航空会社である ANA ホールディングス (9202T) と日本航空 (9201.T) は、政府の目標に沿って、2030 年までに燃料需要の 10% を満たすために SAF を使用することを約束している。

4月、フランスの石油・ガス会社TotalEnergies SE (TTEF.PA) とフランスのENEOS Holdings Inc (5020.T) は、東日本の横浜市にあるENEOSの根岸製油所でのSAF生産を評価するための実現可能性調査を発表した。 生産は 2025 年に開始され、年間 30 万トンの生産能力を目標としています。

ボーイングは、2030 年までに航空機が 100% SAF で飛行することを証明することを約束しました。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

(Satoshi Sugiyama reports) シドニーの Jamie Fried による追加レポート。 クリストファー・カッシングによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本のInpexは、ベネズエラの石油およびガス資産を地元のグループソースに独占的に販売しています