Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ボーイングはワシントン製の最初のKC-46A空中給油機を日本に納入しました

2221年10月31日 私たちのコミットメントで

最初の国際KC-46A配信

写真提供者:Kevin Flynn

ボーイング [NYSE: BA] ワシントンで製造されたKC-46A空中給油機は、航空自衛隊(JASDF)に納入され、米国外の顧客へのプロジェクトの最初の納入となりました。

「これは日本の空軍とボーイングにとって素晴らしい歴史的な瞬間です。 プログラムマネージャー、KC-46プロジェクト。 「航空会社の使命の効率と航空自衛隊の成功を確実にするために、日本の顧客との数十年にわたるパートナーシップを楽しみにしています。」

日本のKC-46Aは、航空自衛隊、米空軍、米海軍、米海兵隊の航空機に燃料を補給することができます。 KC-46Aは、世界中ですでに5,000を超えるラインを完成させ、ブームとトラックシステムを介して5,000万を超える燃料を他の航空機に移送しています。

「日本のKC-46Aタンカーの買収は、プロジェクトとインド太平洋地域における日米協力の両方にとって重要なマイルストーンであり、両国間の安全保障同盟において重要な役割を果たしている」とボーイングジャパンのウィルシェーファー大統領は述べた。 「貨物と乗客を運ぶ能力を備えたKC-46Aタンカーは、日本の人道的および災害救援活動を支援することもできます。」

用途の広いマルチストックタンカー貨物構造は、18の軍用標準プレート(463L)を搭載し、乗客と貨物の混合負荷に対応します。 それは日本の制空戦闘機を保護し維持するのを助けるために強力な防御的で戦術的な状況認識システムを備えています。

ボーイングKC-46Aは、米国空軍、日本空軍、およびその他の国際的な顧客によって、ワシントンのエベレットにある767製品ラインで開発されています。 さらに、ボーイングの日本のパートナーは、KC-46A航空機構造の16%を生産しています。

ボーイングは現在、日本向けに2番目のKC-46Aを組み立てており、48個のKC-46Aを米空軍に納入しており、最初の納入は2019年1月に開始されます。

READ  感染性の選手村が日本の準備について明らかにすること