Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ボートに乗って家族や友人とのひとときを過ごし、何時間も迷子になっていた解放者を救おう米国のニュース

行方不明の編集者の家族が、再会する前に水中で生きている最愛の人を発見した感動的な瞬間が口コミで広まりました。

22 歳のディラン・ガーテンマイヤーは、強い海流がフロリダの波に押し流され、約 1 マイル離れた場所に姿を現した後、数時間姿を見せませんでした。

家族や友人でいっぱいのボートで撮影されたビデオクリップは、ガルテンマイヤー氏が水中にいるのを発見し、誰かが「そこに彼がいる!」と叫んでいる様子を示しています。 、別の人が「ディラン」と叫んでいる間、他の人が叫び始め、歓喜で飛び跳ね始めました。

従兄弟のプリシラ・ガルテンマイヤーが撮影した 2 つ目のクリップでは、波が彼をすぐに連れ去ってしまうので、人々が彼を捕まえようと手を差し伸べている様子が映っています。

数秒後、彼はボートの後ろにたどり着き、安全な場所に寄り添うことができます。

写真:
水中で発見されたガルテンマイヤー氏

ビデオは現在、TikTok で何百万回も再生されて急速に広まっています。

彼が姿を消す前に、彼の友人 2 人は、フロリダ キーズから数マイル離れたサンゴ礁の隣にある、彼が最初に潜った場所をボートで見ていました。

水面下では、ガルテンマイヤー氏は約 35 フィートの深さで自由になりましたが、海流が彼を 150 フィートまで押し下げました。

彼は、息を止めながら約2分間水中にいたと言いました。

「これが私が解散した方法です」と彼は言いました。 「彼らは基本的に、私が酸素不足で気絶したと思って下を向いていました。」

「私たちの人生で最も恐ろしいボート乗り」

警報が発せられ、彼の家族は祖父の船に乗って彼を探しに出かけました – 「私たちの人生で最も恐ろしい旅」と表現されました – そして沿岸警備隊は彼らの捜索を支援しました.

ガーテンマイヤー氏は米国のニュース チャンネル NBC6 に、再び姿を現した後、水中で見つけた竹を手に持ちながら、運河のマークまで 1 マイル強泳いだと語った。

レスキュー編集者ディラン・ガーテンマイヤー
写真:
彼の愛する人たちは、彼を捕まえようとして腕を伸ばしました

彼の母親であるタビサは、家族が捜索している間に、息子のジョエルの友人が水上で奇妙な光景を見つけたと言った。

Gartenmeyer 氏は、係留用のボールを切り取り、それらをつなぎ合わせて、その場しのぎの筏を作っていました。 彼は「サンゴ礁からそれらのうちの3つを切り取り、小さなハンモックを結びました」と言いました。

ブイを見た直後に、それは発見されました。

「後ろでボートが跳ねる音が聞こえた」と22歳は語った。 彼に向かっているのを聞いた船は彼の家族でいっぱいでした。

乗船すると、彼は沿岸警備隊のボートに移され、上陸しました。 彼の体温は最初は低かったが、安定するとわずか1時間で解放された.

「私が知っている中で最も賢く、経験豊富なダイバーです。」

彼のいとこであるプリシラ・ガーテンマイヤーは、フェイスブックで何が起こったのかを語った.

彼女は次のように書いています。

「私たちが走るのをやめて探し始めるとすぐに、与えられた正確な座標で神を見つけたので、神は間違いなく私たちの味方でした。」

彼は、「この 2 番目のビデオは、私たちが目にした瞬間でした。見るのを止めることはできません。

「彼は私が知っている水上で最も賢く、最も経験豊富なダイバーです。彼は 2 マイル泳ぎ、エネルギーを失う前に 3 つのフロートをつかみ、浮かぶための空中ブランコを作りました!」

READ  ドイツの選挙:極右のAfDが主要な野党の中心を失う| ドイツ連邦選挙2021