Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ポリオについて知っておくべきこと: ワクチン、症状、広がり方

疾病管理センター (CDC) は、ポリオ患者の 200 人に 1 人が、腕、脚、またはその両方に麻痺または筋力低下があると推定しています。 麻痺は通常、体の片側で起こると、NYU Langone Health の小児感染症専門医である Jill Chost 博士は述べています。 まれに、ウイルスが呼吸を支える筋肉に影響を与える可能性があるため、ポリオに関連する麻痺が致命的になる可能性があります。

ポリオから回復した後でも、15 ~ 40 年後に筋肉痛、筋力低下、または麻痺を発症することがあります。 ポリオから回復した小児は、最初の感染から数十年後に、筋力低下、疲労、関節痛を伴うポストポリオ症候群を発症する可能性があります。 それは 理由は明らかではない ポリオ後症候群を発症する人はごく一部ですが、重度のポリオを経験した人はリスクが高くなる可能性があります。

ポリオは伝染性が高い。 それは人から人へと広がります – 通常、誰かが感染した人の便に接触し​​、口に触れることで広がります。 これは、手指衛生に苦労する可能性がある5歳未満の子供にとって特に心配です. 「子供を持つすべての大人は、細菌がどのように広がるかを知っています」と彼は言いました. あまり一般的ではありませんが、感染者のくしゃみや咳の飛沫が感染者の口に入ると、ポリオが広がることがあります。

Covid-19 と同様に、症状がなくてもウイルスが拡散する可能性があります。

米国がポリオを根絶するのに役立った経口ポリオ ワクチンは、現在は国内では投与されていませんが、生きた弱毒化ポリオ ウイルスが含まれています。 安全で効果的ですが、ごくまれに、ワクチンによって弱毒化されたウイルスが、他の人に麻痺を引き起こす可能性のある形に戻ることがあります. これは主に、ワクチン由来のウイルスが拡散する可能性のあるワクチン未接種の人々、およびワクチンからの免疫を獲得していない可能性のある免疫不全の人々にとっての懸念事項です. フィラデルフィア小児病院のワクチン専門家であるポール・オフィット博士によると、非常にまれなケース(経口ワクチンの約240万回に1回)では、弱毒化した生きたウイルスがワクチンを接種した人を麻痺させる可能性があります。 . しかし、主な懸念は、ワクチンウイルスがワクチン接種を受けていないコミュニティ全体に広がり、広がる可能性があることです.

ニューヨークの保健当局は、ロックランド郡の人が、ウイルスの病原体に変異した経口ポリオワクチンを受けた人と接触したことを確認しました. ロックランド郡の人は予防接種を受けていなかったため、ポリオにかかりやすくなりました。

米国では 2000 年以降、経口ポリオ ワクチンが投与されていません。現在、米国のポリオ ワクチンは、経口ワクチンとは異なり、生きたウイルスを含まない非常に効果的な注射です。

READ  ニューメキシコ州の保健当局は、ブースター用量を取得する計画が進行中であると言います