Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ポン・ジュノ、日本でアニメ映画監督を計画中 — World of Reel

ポン・ジュノ、日本でアニメ映画監督を計画中 — World of Reel

2024 Crunchyroll Anime Awardsでは、ポン・ジュノがプレゼンターを務め、 開ける 彼は日本でアニメ映画の開発に積極的に取り組んでいます。 韓国の監督は、式典の前は一日中ホテルの部屋で過ごし、プロジェクトの絵コンテを描いていたと付け加えた。

すでに持っていました 言及されたつい先月、ポン監督は大幅に遅れていた映画「ミッキー17」のポストプロダクション作業を終えた直後に、韓国のアニメーション映画を監督する予定だった。 2018年から開発が進められている海洋生物を題材にした同氏のアニメーション映画は、韓国映画史上最高額となる見込みで、その費用は米ドルに換算すると約5,200万ドルとなる。

韓国と日本のプロジェクトは同じ映画ですか? ボンは実写に飽きて、今は主にアニメーションに集中することに決めましたか? ワーナー・ブラザースがこの映画に乗り気ではないとの報道があり、2025年1月に公開される予定の1億5,000万ドルの映画『ミッキー17』がどうなるかは完全には分からない。

ポン監督は、「スノーピアサー」、「マザー」、「ザ・ホスト」、「殺人の追憶」など、高い評価を得た映画で知られています。 2019年に公開され、パルムドールとオスカー賞を受賞した映画『パラサイト』以降、映画を公開していない。

READ  日本GP:リアム・ローソンがアルファタウリのチームメイト角田裕毅を破るもF1ポイント獲得を逃す